古い記事の画像が表示されていません
もう少々お待ちください

私はブログを書く楽しさをなぜ見失ったのか

あなたも、ブログを書く楽しさを見失っていますか?

私は最近、見失い気味でした。

なぜなら自分の楽しさより、書き方を意識してしまったからだと思います。

私は趣味でブログをひたすら書いてきました。今まで渡り歩いたブログサービス、作ってきたブログ。どれも数えきれません。

誰にもアクセスされないように検索されない設定にしたブログも今もあるし、バックパッカー特化のブログもあった、ゲーム特化や、声優特化のブログもあった。

時たまくる、捨てたい病みたいに何かを手放す解放感を味わいたくてそれらのブログをまるまる削除してはまた作り、削除してはまた作りとしてきた。

スポンサーリンク

全部好き勝手書いていたけど、読まれることを多少なりとも意識していた。

誰にも読まれなかったけど。

それでも、10年は続けてきた。

これが、ここにきて、読まれる記事を書くことを意識し、今までのブログよりもアクセス数が増えてきた途端書くことが楽しくなくなってきた。

私は何のためにブログを書いていたのか

何が私にブログを書かせていたのか
人のための、読まれるブログというのを意識しすぎたのか?

だけど、今の私は今までの消してきた独り言ブログと違って、読んでくださった方に何かしら得て帰って欲しいし、生きる希望につながる何かを感じてもらいたいし、自分の感想とか思いを伝えたい。

おこがましいかもしれないけど、そういう思いが出てきてしまった。だから逆にその考えが、書く楽しみを奪ってる気がする。

伝えたい事がある。

こんなこと書いても独りよがりなんだろうな、本当はもっと上手く伝えたいのに。

上手く伝わるように書きたいな→どう書いたらいいかわからないから後回し

出てくる言葉を書き殴るだけじゃ今までの独り言ブログと一緒だから伝わるように書かなきゃ!

というような、そんな思いが拭えない

では、今まではどうだったのか

今までは、独りよがりを自覚していたから、溢れ出る言葉をただただ書くのが楽しかった。

精神安定剤みたいなものだった

私にとってブログは自分自身の鏡だった

その鏡を外に向けて、よそ行きの言葉ばかり綴っていたら、書く事が苦痛になってきた

私は、何のためにブログを書くのか

きてくれた方のためだけを考えてブログを作ることは私にはできない。

私は私が楽しいからブログを書きたい

だからまたもう少し独りよがりに戻ってみようかなと思う

もっと身近なあなたにだけ届けばいい

伝わる書き方とか、読まれる書き方とか、考えたくない。

私は私の口から溢れ出てくる言葉を綴りたい

ただただ、綴りたい

無理に伝えようとしなくていい

書きたいことを伝えたいことを自分が楽しく書く

私に伝わればそれでいい

迷って頭の中だけで考えていると進まないから、こうやってブログに書く

それが今までの私のブログ

無理やりまとめ

ブログなんて書きたければ書けばいいし、書きたくなければ書かなくていいものです。

それでも書きたいのですよね。それはブログが、自分にとって大事な場所だからだかなと思うんです。

だから当たり前なことではあるけど自分が楽しめることを優先にしてみようよ!と。そう思う次第でございます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする