すっぴんぶろぐ

すっぴんぶろぐ:ビーサンとTシャツで追い返されて笑ってるそんなラフなミニマパッカー人生が丁度いい。元完璧主義ニートのズボラ主婦が言い訳と開き直りを繰り返しながらダラけた健康な生き方を探すライフログ

耳が痛いw女美会石川梨華が思う30代になって変わった「美の意識」かぁ

2016/12/16

 

こんばんにちは、ミニマパッカーのすっぴんです

私ズボラでガサツで、不潔ですっぴんでありのままを訴えているのですが、最近仕事を始めてしかも、こともあろうになぜかこの私が美容部門担当になったんですね。

ほとんどすっぴんで面接に行ったような人なのに、女性として基本的な化粧品の知識もなくて「ハテナ」の連続です

でも幸いなことに私、「基礎化粧品と健康」はもともと大好きで、その理由が、ありのまま生まれた自分のままできれいに健康になりたい!と思うからなんです。

その流れで、何もつけないスキンケアとかも意識の中では「基礎化粧」みたいな感じでとらえています

だから、商品にも興味があるし、知識が増えていくのも楽しいです

で、そういう流れで、こんなブログですが最近美容の話題も増えている気がしなくもなくもなくもない(どっちだ)

関連 「肌画像有」大人ニキビにもおすすめファーストクラッシュ洗顔の効果と魅力

そしてさっきテレビで美女会ならぬ、女美会という元モーニング娘の石川梨華さんがコメントしていた言葉について考えました

「20代のときは、何でもよかったんです、でも30代になったら意識が変わってもっと自分を見てあげようと思うようになった」

のようなことを発現されていて、ドキっとしました

それはアクセサリーやネイルケアなど見た目のおしゃれを含んでいました

これはもちろんテレビ用の意見かもしれませんが、

私は30代になって、やはり体の変化も感じるし、筋肉量も落ち、おなかは出ている。。運動などは意識しないとなと自分を見るようになったと同時に、30代になって、自分を飾っても意味がないなと、言い換えると自分の「外から見た美」の部分には目を向けなくなった気がします

スウェットやだらしない恰好で外に出る方法ばかり考えているし、

関連 30代ズボラミニマリスト冬の寝巻き、ユニクロのスウェットで外出する裏技

仕事が始まって美容部門なのに、ほぼすっぴんで仕事してちょっと肩身狭い思いもしているしw

20代のときは、仕事が始まるとしっかりメイクしないと!と思って化粧品をそろえ、そして結局使い切らずにすっぴんで仕事に行くようになる、というのを繰り返していましたw

 

なので今回は、化粧品買わなきゃ!!とまだ毎日思っていますが、結局使い切らなくなりそうなので、買わずにいます

今あるもので、すっぴんに見えないように工夫したり(徒労に終わっている)して

30代になって、現状で、優先順位と本質、足し算と引き算をしてうまい具合にこなせるようになってきたなと実感しています

関連 今日捨てたもの。マスカラ使わないメイク、メイベリンラッシュニスタ

こなす、というのはたとえば仕事で言うと、

  • 化粧に勝るのは笑顔
  • 最低限自分の仕事はちゃんとやる
  • (ズボラが悪化してドタキャンしないように)手を抜くところは手を抜いてごまかすw

ということかなと考えています

 

 

私は若く見られるのことがコンプレックスなのですが、

歳をとるのっていいなと感じる31歳、今日感じたことでした

 

お読みいただきありがとうございました

 

 

▼このボタンから更新情報お届け中
follow us in feedly
▼プロフィール
元メンヘラの開き直り術
スポンサーリンク

-アウトプットで心の整理(日記), 美容と健康