一眼は旅を日常をつまらなくする。カメラはいらない理由

カメラは手放しました

旅行中、一眼レフのようなきれいなカメラで撮った写真は圧倒的にきれいですよね

写真が撮りたくて旅に出るバックパッカーも多い

ですが、私は違いました

私が旅で感じたかった、やりたかったことってなんだろう

そう振り返ったとき、カメラを持って行ったことを後悔しました

その理由についてお話ししたいと思います

※私が持っていたのは一眼レフではなくミラーレス一眼です

スポンサーリンク

私の記憶に残るものそれは

バックパック旅行中は、“このカメラで撮らなければ”という思いに囚われて、

ファインダー(液晶画面)越しの風景しか思い出にありません。

私、何しに来たんだろう。

この目でこの肌でこの足で直に体験したくて来たのに、

カメラ越しの景色なんてどこでも見られたんじゃないかな?

自ら視界を狭めて、全身の感度を下げて目に集中させてしまって音や匂い風景を感じることができてないな

と旅行中、何度も思いました。

私は”素晴らしい風景を切り取りに”来たんじゃない

バックパッカー解放

身ひとつで知らない世界を感じてみたかった

何をするわけでもなく、ただそこに行き、感じ、触り、見渡したかった

勿論、ミラーレス一眼で撮った写真は私が撮ったとは思えない出来栄えでした

しかし、私にとって写真はカメラ大好きな方ほど情熱と時間をかけて取り組むものではなかった

写真をとって加工して、なんてすることは大好き

でもそれはもっとお手軽なiPhoneを使ったもので十分でした

カメラに縛られる

そうして、旅行中常に感じていたのは

「自由になりたくてバックパッカーしてるのにカメラに縛られる」

ということ

荷物が増えて身軽じゃないのがとっても悔しかったし

「せっかくカメラあるし」といって大した写真撮れないのに時間とられることも多かった

そして今日はいらないかなと宿に置いておいた先で、いい景色があったりすると損した気分になる

もともと持っていかなければそんな思いしなかったのに

現在のミラーレス一眼

そういう状況が何度か続き、カメラの存在を重たく感じていました
結局、その後の旅行にはどこにも持って行っていません。
次行った時は持って行こう。
いつか使おう

そうは考えていますが、
この大きさをかかえ身軽に行動できない事と、撮らないといけないプレッシャー

どう考えても私を縛る物なのは明らかです。

そうやってかめらという存在に縛られているので

断捨離しました

カメラはもう買わない

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする