すっぴんぶろぐ

TシャツGパンビーサンが正装の主婦が楽に生きる方法を紹介するズボラブログ

カメラは必要?身軽になりたくてバックパッカーのはすが カメラに縛られる

2017/04/09

2015年8月26日の断捨離の記事、移動編集中です。

 

そういえば、私、ミラーレス一眼カメラを持っています。

これも、ずーと頭の片隅に留まってる物なんです。

学生の頃カメラ機能付き携帯が出てカメラに興味を持ち、携帯では満足できなくなって社会人になって知識ゼロのまま購入。
周辺機器を10個くらいつけてもらって七万位でした。

そして、
バックパック旅行にも持って行って使いました。

スポンサーリンク

 

その頃iPhone3GSも持っていて、普段はiPhoneで撮りまくり、アプリで加工してウェブで使ってなどと充実したカメラライフ、、、
というかiPhoneライフを送っていました。

思わぬ落とし穴

買ったばかりのカメラ、早速その日に“撮影散歩”に出たきり、出番がなくなり、、、

バックパック旅行に持って行くまでに腕も上がらず。

そう、私は生まれも育ちも手ぶら族
大きなカメラなんて持ち歩けるわけがなかった

 

ポッケに入っている高性能カメラ(iPhone)
ボタン一つで写真家になったような(言い過ぎ)写真が撮れて、どこでもいつでも好きなように加工、アップロード、保存、シェアできる。

そう、このスタイルが楽しかった。

自ら調べ、知識気をつけ、調節し、撮りまくって上達する。
奇跡的な一枚を求めて
育てていくようで、相方のようで憧れた一眼レフカメラ

買ったのはミラーレス一眼だったけど。

私、手軽さ重視だわ!!

もっと大きな落とし穴

バックパック旅行中は、“このカメラで撮らなければ”という思いに囚われて、
ファインダー(液晶画面)越しの風景しか思い出にありません。

私、何しに来たんだろう。
この目でこの肌でこの足で直に体験したくて来たのに、
カメラ越しの景色なんてどこでも見られたんじゃないかな?
自ら視界を狭めて、全身の感度を下げて目に集中させてしまって音や匂い風景を感じることができてないな。
と旅行中何度も思いました。

私は"素晴らしい風景を切り取りに"来たんじゃない
-----

バックパッカー解放

身ひとつで知らない世界を感じてみたかった
何をするわけでもなく、ただそこに行き、感じ、触り、見渡したかった

勿論、ミラーレス一眼で撮った写真は、私が撮ったとは思えない出来栄えで、今では持って行ってよかったと思っています。

あくまで、私の価値観です。
うまく言えないけど、もっとカメラと向き合えていたなら考えはかわっただろうし、
カメラを好きになっていたらそれが一番の価値ある行動になったと思います。

現在のミラーレス一眼

そういう状況が何度か続き、カメラの存在を重たく感じています。
結局、その後の旅行にはどこにも持って行っていません。
次行った時は持って行こう。
いつか使おう

そうは考えていますが、
この大きさをかかえ身軽に行動できない事と、撮らないといけないプレッシャー

どう考えても私を縛る物なのは明らかです。

という事でやっとこさ、査定願いのメールを出したのですが一週間以上経っても返事が来ません。
有名なところなのですが。

だめならだめと返事いただけるといいのですが、、、

スポンサーリンク

-バックパッカー, ミニマリスト/手抜き家事/楽な生き方, 未分類, 楽な生き方