すっぴんぶろぐ

すっぴんぶろぐ:ビーサンとTシャツで追い返されて笑ってるそんなラフなミニマパッカー人生が丁度いい。元完璧主義ニートのズボラ主婦が言い訳と開き直りを繰り返しながらダラけた健康な生き方を探すライフログ

私の肌紹介。肌断食を考えるきっかけ

2016/12/01

肌断食

 

何もつけないスキンケア、最近では肌断食?を何度かやったことがあります。

理由はやはり、人間無駄なことしなくても生きてこられたんだから現代人の私だっていけるでしょ。ということでした。

化粧水をつけすぎていた頃の乾燥とかゆみ

私はどちらかというと地味学生だったのですが基礎化粧品が大好きで中学生のころから、やたらめったら使っていました

もともとケチなので大人になっても美容液とか小さいくせにお高いものは使わなかったですがw

その頃も特に肌がきれい!というわけではなくたまにぽつっとニキビが出来たり乾燥するくらいで、「肌トラブルが!!」という危機感はありませんでした

でも、乾燥してなのか結構かゆみかったことはあります

マスクでニキビ悪化

フィリピン留学に行く直前に未だかつてないほどのひどいニキビ?吹き出物に悩ませられ皮膚科にも通いました。

原因はわからなかったのですが今思えばおそらく毎日していたマスク。

関連>マスクしてニキビができる、原因は刺激、ではなかったか

信じられないかもしれませんが、ずーと同じマスクをしていたんです。バイ菌うじゃうじゃだったでしょう。

うちの家族は平気で同じマスクするんですけどねーw

関連>汚部屋出身の母とミニマリスト

ニキビ対策がわからず肌断食

その時あまりにもひどく、原因もわからなかったので、はからずとも肌断食していました。

んが、一向によくならず。そのままバックパック旅行に行きましたが、何もつけませんでした。

東南アジアの強い日差しにさらされ真っ黒に。これも治りを悪くした要因でしょう。

ニキビに市販の化粧水はOK?

皮膚科の先生は化粧水などはどちらでも良いと言っていました

でも、「つけたほうがいい」とは言われなかったので皮膚科の薬だけ塗りました

そして帰ってきてから、『やはり、ニキビには保水なのかなー』ということで、どこにでも売っているようなスキンケア商品をつけ始めると、心なしか引いていくような?時間はかかりましたが炎症は引きました

あとが残ってしまったのがとても悔やまれますが、
まぁ今となっては諦められました

 肌断食の効果とは?

 

肌断食には自分の肌の状態を知るという目的があるらしいです。炎症が引いて一年くらいで肌断食という言葉を知り、やはり、興味が湧きました。
週に一度メイクをしないで済んだ日には泡洗顔も、化粧水も何もつけない、そしてその時の肌が自分の肌の状態ということらしいです。
水洗いの後しばらくは乾燥気味でも、その後脂っぽくなれば脂肌、乾燥すれば乾燥肌、という具合に。

当時(2010年くらい)も、予想通り乾燥がひどくで、断食が辛かったです。
これを乗り越えると自分の力でうるおい始めるというので気が向いた時に断食していました。
まぁ忘れてあまりやっていませんが、確実に基礎化粧品大好きな今までよりはシンプルなものに、シフトして行ったのは確かです

何度も書いてますがこの旅行後はいろいろな事にとらわれなくなり、シンプルにズボラに生活したいなと考えが変わったからでしょう。

知識のないシンプルスキンケア開始

それから、安い粧水をぱばっとつけて、ニベアつけて終わり!とかニベアだけ!などにしました。

以前のようにいろいろな効果入の化粧水(2000円程度のですが)をたっぷりつけたり、何度もつけたりしていたことをやめました。
テレビでやっていてかなり流行った、顔が濡れたままニベアも長い間実行しました。夏になってやめてしまいましたが。

旅行から帰ってきたのが五年ほど前の話で、その頃からメイク用品も石鹸で落ちるやら、お湯だけで落ちるなどの商品を集め始めました。
その時のコスメのことや、
このように、少しだけ肌を強くしようという経緯をたどって現在のなにもつけないスキンケアの様子と、実況を始めたいと思います。

 

▼2016年再開しました!

今度こそ無理なく!洗顔だけ肌断食と湯シャンプー。前回の挫折の理由とは?

▼挫折シリーズ

【過去】肌断食と湯シャンプー一週間経過、気になることがある

▼あなたにおすすめ

南野陽子さんにならってメリットのリンスインシャンプーで全身洗い体験中

 

 

▼このボタンから更新情報お届け中
follow us in feedly
▼プロフィール
元メンヘラの開き直り術
スポンサーリンク

-ニキビ/肌断食, ミニマリスト/ライフスタイル, 美容と健康