古い記事の画像が表示されていません
もう少々お待ちください

【購入話3】初心者がキャド8というロードバイクを買った!

自転車記事第三弾、で遂に、というか早速というか、スポーツバイク購入しました!

一つ前の記事では、ジャンルで迷っていたけどなんのその、衝動買いに近い感じで決めてきましたよ。

スポンサーリンク

<<(前の記事)

なににってロードレーサーにね!キリ!

5万円のクロスバイクの予定だったのでちょっと予算の関係で先延ばしにする予定だったんだけど、

「一番安いロードバイク幾らかな?」なんて見に行って、決定しちゃった。

さっさとなにを買ったのか書けよって感じですが、

書きます。

じゃじゃん。これっすこれ。

キャドエイト

CAAD8 キャノンデールさんのエントリーモデル(なのに速い)ロードバイクってコンセプトのやつらしい。

79,200円

【ここから追記】

なにいってるのかまとめ

だらだら書いて購入決断のポイントがわかりにくいので追記w

エントリーモデルなのに速い

初心者用で乗り心地がいいタイプの中ではスピードが出る方なので遠くまで少ない力で進めるメリット!

お店にある中で一番安く、乗りやすく、見た目もそこそこ

同価格同レベルの中では乗り心地がいいらしく、ロードバイクの中では一番安い(二番目だったかな?)

見た目はこれだ!!!とは思わなかったけど、派手なのが嫌で選択肢がなかった、値段とか。

【3年乗って追記、やっぱね最初は100%見た目決めたほうがいいよ。愛着がwまぁいいけど!】

キャノンデールの衝撃吸収性能のSAVEってのが気になっていた

フレーム(本体)の作りでロードバイクならではの振動がつらい問題を緩和してくれるらしい。

これによりロードバイクならではの走行性能を犠牲にせずに乗り心地をよくすることができる。

でもSAVEシリーズはウルトラマンのカラフル版みたいに派手!

なものが多くて悩んでいたら、別シリーズ(おそらくハンドルがまっすぐなロードバイク=フラットバーロード用につくったもの)で派手じゃないモデルのものを特別にSAVE仕様のクルンっていうドロップハンドルに組み替えた?という物が売っていた。

その為、サイズが1種類しかなくてちょっと大き目なんだけ、私の身長のギリギリ対応範囲なので珍しさに惹かれて購入!

※購入後、別の店舗にワンサイズ小さいのがあったのでそっちに変更してもらった

うまく説明できてないかな。。

キャンピングサイクルとかは後で考える

前の日記でもかいたけど、本当はタイヤが細く身軽に「走ること」を純粋に楽しむロードバイクではなくて、

荷物満載に積んで上部が売りな自転車が欲しかった。

ロードバイクにキャンプ用品積んで日本一周している人もいるけど、やっぱりパンクやトラブルが多い。

新しい自転車を買う余裕はないけど、いつかやりたいから追々考えよ~って思ってます。

【追記ここまで】

速くなくていいから乗り心地がいいのって希望だったけど。

まぁエントリーモデルなので乗り心地はお店にあって同レベルのロードの中では一番よいらしい。

お店にあった中で安めで、一番見た目が気に入ったのと、

キャノンデールの衝撃吸収性能のSAVEってのが気になっていたことと、

他モデルのカラーで特別に作った一台!(だからサイズが一つしかない)と言うの聞かされ、

どっちか迷う程度の大きさの大きい方って事だったので、珍しさに惹かれて決断。

今思えば、フラットバーロードをドロップ化したのかな?と思ったり。。。

なので納車までこれですって写真はないですが、(写真追加しました)地味で黒でイイ感じなんだよ。

そもそもキャノンデールのSAVEは気になってたんだけど、アメリカンなカラーリングが許せなかった!

そんな中一代だけ、地味なのがあるではないか!!これだあああってなりました。

そこまで見た目でキタ!わけではないけど、珍しさに惹かれてね。

(フラットバーロードのドロップ化って意味だったらそこまで珍しくないだろうけど(´・ω・`))

ちなみに、ちょっとキズありで安くなってたトレックの1.1(8万)が見た目はかっこよかったけど、

話を聞いた感じ、乗り心地やこまごましたところもキャドエイトの方がいいということでした(。-_-。)ポッ

ロードでも多少気を使えば段差も平気だし、街乗りもできるみたいだし、

荷物を積みたいってのは後で考える。まずは普通に走るだけだろうし。

ロードの繊細さが好きにはなれないけど、乗っちゃえば慣れるでしょう!ってことで。

雑記

自転車っている途中であまり写真とかとらないので、詳細は記事はあまりないけど、その時の気持ちとか書いていけたらいいなと思います!

他の方が見ている関連記事

他の方が次に見る関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする