すっぴんぶろぐ

「元うつ職歴なしでも歩めた人生」と「ドケチミニマリスト女が選んだ物達」垂れ流し

子供そっちのけで見た「ドラえもん南極カチコチ大冒険」感想

calendar

reload

ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険をテレビで見ました

子供と一緒に。と言える日が早く来るといいけど、そもそもドラえもんを好きになるかわからんしな。

という話は置いておいて

声優交代スタッフ入れ変え当初の大迷走も終わってきた感じで面白かった~

藤子Fさんの原作とは比べられないけど、ちゃんと「ドラえもん」してた感じ

どこかで見た感じの題材や流れだし、ドカンというインパクトもないけど、ちゃんと「冒険」してるし、氷で遊園地つくるところなんかは「ワクワク」した

藤子さん亡き後も一応冒険はしてるんだけど、

「冒険部分」を丁寧にじっくり時間をかけてつくってない印象で、それがすっごくつまらなかった

駆け足で、冒険も、感動も、感動も、感動も、友情も、感動も、ちらっとうわべだけだけのメッセージも、んでまた感動も

みたいで、かなり見てて疲れるものばかりだった

それがここにきて(秘密道具道具ミュージアムあたりから)、テーマを絞って丁寧に書いてくれるようになったなと思った!

それから、今回は藤子さんの時みたいに、ちょっとしたお勉強もあって、しかもそれが違和感なくストーリーに混ぜ込まれていて、「そうそうこう言う感じ!まってました!」って思った!

ストーリーもちゃんと違和感なく、でもわかりやすく伏線もはってるし、回収もしっかりしてるし、新スタッフになってから突っ込むのも疲れるくらい突っ込みどころ満載だった映画も、今回は、すっきり気持ちよく見られた!

へんなロマンスみたいなのもなくて、さらっとしてるけどちゃんと友情もあって

まぁ、映画になるとかっこよくなるジャイアンはなくなって(これは多分意図してだよね?原作ファン寄り?)

かっこいいところ、やさしいところ、は全部のび太が担当

5人の友情よりはのび太とドラえもんの友情

のび太とゲストちゃんの友情に絞られている感じ

だよね

 

 

シリーズ最大のヒットだったらしいね

ポスターもかっこよかったよね~

 

象みたいなパオパオもなつかしかったな~

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

吉永

吉永

夫の手取り17万東京23区の子持ち専業主婦

めんどくさい節約はしないドケチ

就職活動から逃走。失敗が怖い完璧主義でうつ病とニートに
「飛行機落ちろ」と海外逃走してみたら
とある一つの目標だけを掲げて生きるようになって

適当ミニマパッカー主婦へ退化し幸せに暮らしている猫とオタクが好きな30代

ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい

●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ


≫≫とある目標とはこちら
≫≫生きてる価値無いニートから生きてる価値のあるニートになれた出来事
≫≫恥ずかしいプロフィールはこちら [詳細]