古い記事の画像が表示されていません
もう少々お待ちください

【自炊(代行業者)はPDFよりJPEG】失敗したのでおすすめフォーマット紹介

”スマホ”で本体の容量気にせずいつでもどこでも本を読みたい

そう思いつつ数年迷って大切な紙の本を電子書籍化

その際、「PDFがいいのかJPEGがいいのか」といろいろ調べてPDFにしたが

後悔した

そのことについて

スポンサーリンク

スマホとクラウドで読むならJPEG一択!

※「スマホ本体にPDFデータをいれないでクラウドからいつでも読めるようにしたい」という大前提がある場合

なぜおすすめしないかというと、

PDFはスマホ本体にデータを入れていないと重たくて読めません

自炊代行業者ではJPEG変換は有料オプションのところばかりだったので、Wi-Fiがあるところでダウンロードしていくつか持ち歩けばいいかなとか

最近はどこでもWi-Fiあるし、急に読みたくなったらダウンロード終わるまでコンビニとか行けばいいかな

最悪、自分でJPEGに変換もできるし

なんて考えていましたが甘かった

電子書籍フォーマット種類

電子書籍フォーマットおすすめ

電子書籍化では基本的にはJPEGとPDFをメインに比較されている

PDFの方が一冊の本みたいになるし、容量も軽い(本一冊の総容量)

代行業者でもJPEG変換は有料だったり、PDFの方が容量小さくなるならと、

PDFで代行業者に電子書籍化してもらった

オンラインで読むことの重要さを軽く考えていたらこんなことに

PDFをスマホ本体に入ればよい?

スマホの容量は大きくなればなるほど本体代が高くなるので、私は最低ラインの16GBのiPhoneを使ってる

この最低ラインを使うことは今後変わることはないはず

しかし電子書籍化した本たちは8GBくらい

そうなると、この16GBのiPhoneをもったまま、本をどうやって持ち歩くかということだが

やはり、クラウドサービスに本を保存してその都度読みに行く

又はオフラインでも読めるようにキャッシュしておく

※クラウドサービスとはオンライン上にデータを預けてネット環境があればどこでもアクセスできるサービス

厳選した本をその都度本体に入れる方法はどうしても自分は向いていない

いつでも全ても持ち歩きたい

追記2017年6月

最近のスマホは容量が大きくなっているが、その分アプリの容量も増えているので問題は解決しなそうだ

Wi-FiでスマホにPDFダウンロードは無理

私の環境ではほとんど無理に近い

自炊代行を頼む前に試に薄めの本で自炊PDF作ってやってみたが、いざいろいろな本となるとデータ量が半端い長編が多く、かなり重い

丸一日ほっておいても進んでない

途中でエラーになってたりする

自分でJPEG変換もつらい

ということで、あきらめて自分でJPEG変換を始めましたが

変換自体はフリーソフトの設定して待つだけ

問題ないのだが時間がかかりすぎてめんどくさくなってくる

しかし、そのあと、設定をちゃんとしてもJPEGをクラウドに保存するときにページ順が狂ったりが発生する

ファイル名の付け方を気を付けても、どうしても目視の確認がいる

10冊くらいなら良いが、数百冊規模だとかなりめんどくさい

自炊代行はPDFかJPEGか結論

自炊業者で追加料金がかかってもJPEG変換してしっかり順番も整えてもらおう

手動で名前もつけてくれるはず

そうすることで順番が狂うこともなくなる

スマホで電子書籍おすすめフォーマット

ということでまとめると、

  • スマホで読みたい
  • 全て持ち歩きたい
  • ネット環境でいつでも読みたい

というのでしたらJPEG

PDFではクラウドサービスにあずけて外で見るとこができなかった

PDFだと、たとえ自宅の光Wi-Fi環境があっても、PDF重たくて開かない

バスの中とか外国旅行中とか無理

1冊のPDFを数ページごとに切り分けるフリーのツールなどもあるけど「めんどくさい」

JPEG化も自分でできるけど、めんどくさくて停止中。。

≫1冊からOKと評判の自炊代行業者サービスのレビュー(scansystems)

≫本が好きなら自炊の前に!【大切な本こそ紙】の理由

≫本好きだからこそ【紙と電子書籍の使い分け】小説VS漫画