古い記事の画像が表示されていません
もう少々お待ちください

人生を充実させたいなら無駄な時間を過ごすべし!

タイムマネジメント方法

毎日何かと忙しくて時間がない
なのに、ふと振り返るとダラダラ過ごしている時間がある
スマホを見たり、ソファーでボーッとしたり
でも、それだってあなたにとって大切な時間
同じ事をするにしても、圧倒的に気持ちを楽にして
人生全体を充実させる時間管理法をご紹介します

スポンサーリンク

意識は低くて大丈夫

メリハリをつけるって言ったってそんな事分かってる
どっかで読んだ意識の高い人のブログでは、分単位のタスク管理がどうとか
手帳に予定を書き込むだとか

なんだがデキルビジネスマンみたいなとこおすすめしてる

でもそんなのめんどくさいですよね

だから頭の中だけで決めてしまいます

そして反省はしても後悔しない事

これが大事です

メリハリの付け方

とはいっても、やはり大事になるのはメリハリをつけること

しかし、重きをおくのは「休む」「何もしない時間」を中心に大切にすること

例えば、毎日コツコツと自己啓発の本を読みたいとする

だけど、通勤でも読めないし、平日は疲れてしダラダラしてしまう
休みの日も寝てしまってなんだかんだボーッと終わってしまう
読む時間はあるんだけど、読む気にならない

そうなったとします

やりたい事もストレスになっている原因

そうやって「時間がないから読めない」と思っているのはとっても損をしています
なぜなら「読まなければ」と常に頭の片隅にストレスとして残ってしまっているんです

なので、思い切って読まない時間に意識を収集させて休みましょう

平日は読みたくなっても読まない!
休日は思いっきり寝る!
時間があるのに読む気にならない=この本は自分にとって今必要とされていない!ただのストレスの原因だ!

と割り切ってしまいましょう

そして、休むときは休むことに全力を尽くす!
「こんな、休んでる時間があるなら本を読まなきゃ」なんて絶対に思わないことです

反省はしても後悔はしない

そして、ついついダラけてしまっても、
「こんなことしてる時間あったら本を読めばよかった」と後悔しないことです

そんなこと後悔したって自分を責めてしまうだけで
すでに過ぎた時間は戻ってきません

そんなことで悩む時間に当ててしまうなら
今できる事をやってしまいましょう

その時間のおかげで、
疲れが取れた
その時間のおかげで、
やっぱり本を読まなければ!と気がつかせてくれた
そう思うようにします

そうやって、休む時間に重きをおくと、自然とメリハリが出てきて、本を読む時間を作れるようになります

何も考えずに過ぎていた時間を
今ちゃんと休見終わったら
次はこの時間を使って本を読もう
と勝手に時間を作れるようになります

時間のない原因

それは中途半端にダラけたり
時間管理のくせがついていなくてついついダラダラと用事をこなしてしまうから
そして、
後悔してしまうことによって
本来やりたいはずのその行為自体にストレスを感じて
脳が自然と距離を置こうとしているからです
手帳になんか書かなくたって
強制しなくたっていい方法はあるんです

気楽な時間管理法まとめ

休む時間(やらない時間)をはっきり意識して行動する
やらなかった事を後悔しない
やらなかった事もそのとき自分に必要な時間だったと受け入れる

他の方が見ている関連記事

他の方が次に見る関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする