古い記事の画像が表示されていません
もう少々お待ちください

断食3日間終了【回復食のメニュー】感動はあるのか?

断食復帰食

こんばんにちは、ミニマパッカーの吉永です

家で断食1週間(置き換え絶食3日間)が終了してついに念願の回復食

ここで失敗するとまったく意味がないという断食で一番大切な時期

5日目、6日目、7日目に食べたメニューの記録

私が一番期待していた、食に関する気持ちの変化はあったのか?

スポンサーリンク

5日目(回復食1日目)

断食復食

予定とだいぶ違う献立になった

うちはイレギュラータイムスケジュールを組んでいるので4日目24:00の夕食

参考にする方は本来は5日目の朝食の回復食

  • 10倍粥
  • 具なしみそ汁
  • しらす
  • うめぼし

あ、うん10倍粥の色がね、なんか茶色い

実は10倍粥焦がしてしまって急きょ別に作っておいた、だし入りおかゆを水で薄めて食べた

せっかく味のないご飯もおいしく食べられるのか試す断食だったのだが

しかたがない

回復食としてはお腹にそこまで悪くないのでデトックスとしては失敗まではいかないだろう

そして、参考にしたサイトが具なし味噌汁だったのだが、ここはだし汁のみにしてみるべきだったか

味覚の変化

お味噌汁のお味噌は確かにいつもの半分以下でもおいしかった

暖かいお味噌がじわーーーっと胃に広がる感じ

でも、なんかこういうの以前にも感じたことあるぞ

ちょっとここで思ったのだが

私ってやる気が出ないとき、一日1食とかある

体調悪くて食欲ないときもある

こういう感じ初めてじゃない気がする

なんとなく残念だ

6日目(回復食2日目)

朝:カゴメ伊藤園野菜ジュースと断食用オレンジジュースを混ぜたもの400㏄

昼:チャプチェ←New!!

夜:サラダ(ノンオイル青じそドレッシング少量)、小松菜とわかめの味噌汁、梅干し、納豆

※画像なし

お昼に、薄味のチャプチェを食べるという事件発生

チャプチェは一応おいもからできているので二日目なら大丈夫なはずだ

じつは誘惑に負けて食べてしまった

母作の塩なし、なので問題ないはず

だめだったらそういう失敗例として参考になるだろう

断食中におすすめ飲み物一式と選んだ理由

味覚の変化

実家は高血圧の父のためにほぼ味付けなしの料理をつくる

チャプチェもそうだ

しかし、それでもかなり濃い味に感じた

どうやら舌のコケはそれなりにとれたようだ

しかし、感動的!というほど味覚の変化はない

それよりも、ラーメンが食べたい誘惑がすごい

復帰後の様子としてこう聞いていた

「濃い味付けのものが食べたくなりそうと予想していても、食べたくならない」

しかし、私はそうではないらしい

だが、一応濃い味付けのものはないし胃がびっくりするほどは食べないように我慢だ

そして便が出ない、もう3日出てない

7日目(回復食3日目)

ファスティング回復食

朝:カゴメ伊藤園とセブンイレブンの100%オレンジジュース混ぜた400㏄

昼:おかゆ、梅干し、キャベツと小松菜とほうれん草の味噌汁、納豆、わかめときゅうりそのまま

一応ここまでが回復食

きゅうりとわかめは生ものなので本当はまだやめたほうがいいかもしれない

と思って調べたら、サラダはOKなので大丈夫なようだ

それにもう回復食も3日目とくれば、味付けと量さえ守れば大丈夫

味覚の変化

驚いたころに、食べてたらおなか一杯になってしまった

そしてきゅうりとわかめを半分以上残した

お味噌汁は薄味のままでもおいしい

納豆はたれとカラシを入れずに食べてみた

しかし、おいしくなかった

味覚の変化がなくて残念だ

もともとそこまで好きでもないかなかもしれない

しかし、きゅうりとわかめは確かに味付なくてもおいしい

素材の味を感じた

なのだが、ここに青ジソドレッシングやお酢をかけるおいしさを30年かけて体感している私は伊達じゃない、三日くらいであのおいしさは忘れらない

きゅうりとわかめの酢の物が大好きなので仕方がないかもしれない

他の物なら味付け要らずになるのだろうか

便通(宿便)と”おりもの”の変化

やっと便が出た

出ない3日間は丁度仕事だったので、それで出なかったのかもしれない

便の色は特に黒苦も無く普通

宿便はやはり存在しないのか?

体調の変化はわからないがなんとなくだるい気がする

そして、機能の夜一時的に生理痛のようなお腹の痛みがあった

生理は先週終わって時期的にも排卵通でもないはず

トイレで一回おりものの茶色い版も見たので一応ナプキンをして様子見

それ以外は特になし

断食一週間から1ヶ月・改めて感じた効果まとめ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする