古い記事の画像が表示されていません
もう少々お待ちください

年賀状【出さない方法二つ】と例文~これで解放されました~

1478977915968

私は、年賀状のやり取りを断捨離しました

毎年感じていた「年賀状をださなければならない」義務感へのストレスもなくなり

本来の「今年もよろしく」の気持ちが自然と現れるようになりました

そこで私が参考にし使用した「年賀状を出さない方法と例文」をご紹介したいと思います

スポンサーリンク

寒中見舞いで自然消滅狙う方法

  • 主張したくても、「送らないご挨拶」したくても言い出せない人
  • 全員に出したくないわけではなく惰性でやり取りしている人とだけ辞めたい

と言った人向けです。

去年年賀状来た人リストから今年も書く

としている人は、寒中見舞いを年賀状が着た人リストに「○」をしなかったりし忘れたり、年賀状のやり取りは希望していないんだなと悟ってくれたりしますw

なので、年賀状は書かずに、寒中見舞いを普通に書きます。

年賀状を出さないご挨拶をする

最近では年賀状をやめることもそこまで非常識ではないのではないか?という考えも広まってきているので、ちゃんとご挨拶すればそんなに不快な思いもしないと思います。

年賀状を出さない旨を伝える際の注意

  • 12月初旬までに伝える
  • 年賀状が届いてから寒中見舞い出す
  • あなただけではなく「全員に出さない」旨を伝える

普段お会いする人へ

12月初旬までに口頭で、「申し訳ございませんが、都合により年賀状はどなた様にも出さないことにいたしましたので来年の年賀状も控えさせていただきます」とお伝えする。(言いずらい。。)

友達なら「年賀状やめるね~」などと言い易いかもしれない。

例文1

寒中見舞いとして出す際の例文です。こちらの日々ノート様の例文を引用させていただきます。

寒中お見舞い申し上げます

年賀状を頂きありがとうとざいました。
お元気に新年を迎えられたようで何よりです。

今年から、皆様への年賀状を遠慮させて頂いておりますので、
本状にて年始のご挨拶とさせて下さい。
今後はメール、お電話にてお付き合いさせて頂ければ幸いです。
また、ご都合のよい折にお会いできれば嬉しく思います。

立春とは名ばかりの寒い日が続きますね。
どうぞお体を大切にお過ごしください。

二○○○年 一月

例文2

引用元:情報ペポパの記憶のカタスミ様よりお借りしています

<年賀状辞退の例文>
寒中お見舞い申し上げます。
このたびは丁寧な年賀状をいただきまして、ありがとうございました。
新年のご挨拶が遅くなり、申し訳ありません。
今年から、どなた様へも年賀状によるご挨拶をお送りしないことにしました。
何卒ご了承くださいますことをお願い申し上げると共に、今後とも変わらぬお付き合いをいただけると幸いです。
皆様のご健勝と多幸を心よりお祈り申し上げます。
寒さ厳しき折、どうぞご自愛くださいませ。
平成◯◯年1月

私が最初に実践した方法

それは、寒中見舞いで自然消滅作戦です。特に、私の両親は年賀状を出すのが当然という考えなので、今まで私個人名でやり取りしていた親戚へはこれで対応しました。

今でこそ「年賀状出さない主義」というのは両親も理解してくれましたが最初はそうもいかなかず、「今年も年賀状間に合わなかった」とごまかしていましたw

効果があった人達

言葉は悪いのですが、これで効果があったのは親戚よりも惰性でやり取りしていた人たちでした。疎遠になっている友達や、学校の先生などでした。あとは、前の会社の同僚とか。

でも親戚も含め大分減りました。

しかもこれを数年繰り返しましたw

出さないご挨拶したいけど

いくらご挨拶や「誰にも送らない」と伝えてもやっぱり失礼になったり悲しい思いをさせてしまうのではないかと心配もあるかと思います。

そこで重要なのが「変わらぬお付き合いを希望している」という部分。

私は、年賀状を出したくない人の中に関係を続けたくないグループがあって、「電話やメールでお付き合いしましょう」のような例文を書けずにいました。

そして関係を続けたい旨は書きませんでした。

社交辞令だから言っておけって言うのもあると思うけど、「お付き合いしたい人」にこういう定型文書かないなと思ったらどうしても書けなくなって。。(頭かたいなぁw) まぁ現在進行形で勤めている会社関係に書くとかなら無心で書けたかもしれないw

年賀状出さない方法二つまとめ

  • 寒中見舞いで自然消滅(数年かかる)
  • 口頭、又は寒中見舞いで出さない旨のご挨拶をする

という感じで、年賀状から解放されました。この記事結構人気の記事みたいで、年賀状出したくないひとって結構いるみたいで、参考になればいいなと。

▼年賀状をなぜ出さないことにしたのか、私の理由はこちら

年賀状送らない断捨離の理由