すっぴんぶろぐ

「元うつ職歴なしでも歩めた人生」と「ドケチミニマリスト女が選んだ物達」垂れ流し

セブのCPILSで3か月留学してきたので評判や口コミに不安な方へ

calendar

CPILS評判

CPILSで三ヶ月英語の勉強をしてきました

私はよく比較しないでCPILSを選びましたが一ミクロンも後悔していません

なので、今日は気になってるけど、CPILSの口コミに心配な方へ実際にいってきた感想のまとめページを作りました!

これをよんで参考にしてみてください!

スポンサーリンク

CPILSを選んでよかった11個のポイント

セブ留学・CPILSという日本韓国出資の学校を選んでよかった理由11個

私が、フィリピン留学でコレだけは譲れない!というのが「日本人が少ないところ」というポイントでした

シピルスは韓国と日本の合同資本ですが、韓国人が80%くらいと多く、だけど日本人のサポートもちゃんと考えられている学校でした

そのほかにも、細々としたメリットや、実際に行ってみて本当にシピルスでよかったのかの記事です

 

CPILSの各授業の様子と感想

CPILSの各クラス勉強面の評価と感想~良かったのは1:2クラス~

CPILSの授業の種類や、実際に受けてみて何が辛かったか、何が効果的だったかの感想です

 

フィリピン留学で英語が上達したかどうか(フィリピン留学全体の感想)

【フィリピン留学3ヶ月してきた効果】失敗談率高いってのは他人の評価だよ

フィリピン留学では効果が出ない、意味がないなんて言われていました

でも実際に行ってみて効果が出たので「フィリピン留学って実際どうなの?」という方向けにフィリピン留学の全体的な感想をかいたページです

 

フィリピン留学で失敗する人の特徴2つと気を付けたこと7つ個

私がフィリピン留学を失敗しないで済んだのは事前学習なしの低レベルだったから。

じゃぁ、そんな人が失敗したって言ってるの?

というのは行ってみてよくわかったので、なぜ私、吉永は成功したのか、を振り返ったページです

 

シピルス学生の雰囲気・ノリの悪い日本人の私が感じたメリットデメリット

ノリの悪い私が感じた韓国人の良い所悪い所。フィリピン留学体験談

日本人の中には韓国人と生活するのが心配という方が多くいます

実際に、シピルスで出会った日本人の中にもたくさんいました

しかし、ノリの悪い私は「韓国人と生活や勉強できてよかった」と強く感じた理由について書いたページです

フィリピン留学って学生が多いの?社会人でもなじめるの?

フィリピン留学体験記・年齢層生徒の特長。社会人でも馴染めるのか

韓国人は若い学生が多く、日本人は学生や社会人もちらほら、というのがフィリピン留学全体で言えることみたい

そこで、実際にシピルスでの勉強以外での過ごし方(夜遊びとか、お酒とか、騒がしいとか)や生活、社会人でもなじめるのか私の感じたことを書いたページです

 

セブの治安ってどうなの?

フィリピン留学におすすめ地域はマニラよりセブ「治安はどうだったか」

マニラに英語留学している韓国人の友達を訪ねたときに感じたことを書いています

日本でイメージする「フィリピンの治安の悪さ」はいわゆる「マニラの治安の悪さ」だと思います

なので、シピルスの周りを中心に治安について書いたページです

 

最後に

フィリピン留学含めシピルスはとてもよかったです

今回まとめるためにいろいろ学校や口コミも見てみましたが、シピルスにしてよかったです

ぶっちゃけると「貧しい雰囲気と活気のある雰囲気」の中にあって、ルールや完璧を求められる日本が窮屈だった私には、とても居心地がよかったです

  • シピルスは老舗で建物も古い
  • シピルスの立地は大きなショッピングセンター(モール)や、ビルのある栄えているところが近いけど
  • でも観光地でもなくちょっとスラムまではいかないけど住宅や商店がある場所

こういうところが、逆にはまっちゃいました

この記事をシェアする

プロフィール

吉永

吉永

夫の手取り17万東京23区の子持ち専業主婦

めんどくさい節約はしないドケチ
特技は逃げること

就職活動から逃走
失敗が怖い完璧主義でうつ病とニートに

退学してなんとか始めたバイトの帰りに京都へ逃走

「飛行機落ちろ」と100Lの大きなドラムバック抱えて親のお金でアメリカへ逃走

生きる価値のあるニートになって帰国

ドラムバック一つのまま日本のゲストハウスで生活

ドラムバックの中身から必要なものだけ引き抜いて栃木の農園に、逃...いや、住み込み

結婚観変わったり
山あり谷ありして、やっぱり谷で

装備をドラムバッグから少し小さくなったリュックサックに持ち替えて、東南アジアへ、やっぱり逃走

人生変わって帰国

リュックサック一つの身軽な生活にはまって床で食事したりしてたらいつのまにか結婚したりして

結局、現在
適当ミニマパッカー主婦へ退化し幸せに暮らしている猫と周りが見えてないオタクが好きな30代

ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい


●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ [詳細]