すっぴんぶろぐ

「元うつ職歴なしでも歩めた人生」と「ドケチミニマリスト女が選んだ物達」垂れ流し

旅行ってやっぱ脳にいいのかなw仰天ニュースで毎日記憶喪失した子の話。

calendar

reload

スマップのなかい君とつるべさんの仰天ニュースでやっていたんだけど、

記憶喪失になった子が、のんびりゆっくり海外旅行をしたら記憶が戻ったそうです。

旅行っていいよねってお話し!

 

スポンサーリンク

スポーツ中の事故で記憶喪失

ラグビーの試合中に頭をぶつけて、どこにも傷はないのに記憶喪失になってしまった青年。

ここまではよくある話でしたが、驚いたのは、なんと次の日も記憶をなくし、また次の日も記憶がなかったそう。

 

つまり、朝起きると、また記憶のリセットがかかっていて、

(復活の呪文もない状態)

 

朝起きてお母さんやおにいちゃんに向かって

「あなたは誰ですか?」を繰り返ことに。

 

 

愛情も喪失

記憶喪失っておそろしいね。

家族という物がわかっても、家族に対しての感情もわからなければ、

恋人という関係も理解できても、愛情もわかない

 

もしかして、昔私がいた世界は記憶喪失でできているんじゃないだろうか。

 

私は猫が好きだけど、そういう気持ちもなくなってしまうのだろうか。。。

 

そうだ京都へ行こう

まぁ京都ではないのですが、その青年の家族は旅行に行くことにして、

エレファントキャンプ(象に乗れる)や、プールで泳いだり、

自然に触れあったり、楽しく過ごしていたら、

 

なんと朝起きたら

 

 

「お兄ちゃんおはよう」

 

 

っと!!

 

 

そんなことがあると、「おー!!思い出したのか!!これはどうだ?あっちはおぼえているか?」

とガツガツ行きがちですが、

サラッっと、流して、あせらず旅をつづけたそうです。

 

なんと包容力のある家族。

 

そして、パズルのピースがはまるようにすべて思い出したんだそう。

 

 

旅って脳にいい気がする

記憶喪失のメカニズムはいまだにわかっていないそうです。

だけどひとつ言えるのは、

 

新しい場所や旅行に行くことって、脳にいい気がする。

 

旅行と言っても、普段触れ合うことのないレベルの驚きや感動があると、

脳からふわーーーーってなんか出てくる感じがするw

 

ランナーズハイならぬトラベラーズハイ?

 

 

|д゚)終わりっ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

吉永

吉永

夫の手取り17万東京23区の子持ち専業主婦

めんどくさい節約はしないドケチ
特技は逃げること

就職活動から逃走
失敗が怖い完璧主義でうつ病とニートに

退学してなんとか始めたバイトの帰りに京都へ逃走

「飛行機落ちろ」と100Lの大きなドラムバック抱えて親のお金でアメリカへ逃走

生きる価値のあるニートになって帰国

ドラムバック一つのまま日本のゲストハウスで生活

ドラムバックの中身から必要なものだけ引き抜いて栃木の農園に、逃...いや、住み込み

結婚観変わったり
山あり谷ありして、やっぱり谷で

装備をドラムバッグから少し小さくなったリュックサックに持ち替えて、東南アジアへ、やっぱり逃走

人生変わって帰国

リュックサック一つの身軽な生活にはまって床で食事したりしてたらいつのまにか結婚したりして

結局、現在
適当ミニマパッカー主婦へ退化し幸せに暮らしている猫と周りが見えてないオタクが好きな30代

ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい


●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ [詳細]