【私の愛車はママチャリ】ロードバイク乗りのママチャリ愛を聞いてください

愛車がついに壊れました

高校生の頃から毎日30kmを共にし、自転車の旅なんかにも行っていた愛車(ママチャリ)がもう乗れないということに。

スポンサーリンク

まだ実家においていて近々今住んでいるところに持ってくる予定だったのですが、自転車屋さんについに、見放されたようです。

なんとかだましだまし修理して乗っていたのですが残念です。

予兆はあった

数年前からハンドルについているギア調節部分がうまくいかなかったり、いろいろ危ない感じだったのですが、古い形でパーツもどこも取り扱いがないと通告はされていたのでついに、という感じです。。。

10年以上毎日乗っていましたが、乗る距離のせいか、ママチャリにしては早い寿命ですね。

メンテナンスも晩年(?)しかしていなかったし、ごめんよ。

私の青春そのものでした。

だが!もう過去には戻りたくも縛られたくもない、手放すには、丁度良いタイミングかもしれませんね。

ロードバイク乗るけどやっぱりママチャリが好き

私は自転車、特にママチャリと呼ばれているシティーサイクルが好きです。

この[トイレにいくのもめんどくさい]というめんどくさがりがなぜ好きかというと、

 

座って遠くまで、

 

自分のペースで移動できるから

 

ですね。

 

なので座っている感じが薄く、前傾姿勢で景色が見えず、気軽に立ち止まれないところがロードバイクがそこまで好きになれない理由です。ボソボソ 2014年8月感想

ロードバイクは楽に遠くまでは行けるけど、

行かなければならない

という使命感が苦手です。

それでも乗りますけど (笑) 

 

 

何にも縛られたくない

身軽に気ままに行きたい

生きたい

 

 

つづく

2015年8月2日


ニートの国へ

  

ブログでは語りきれない
ニート脱出しないニート脱出企画メルマガ始めます

私のうつ病人生と現在までの回復の流れをまとめた電子書籍と、うつ状態を繰り返しても生きるのが楽になる電子書籍をプレゼント中

詳細はこちらの「ニートの国」


みんなが次に読んでる記事

うつ病からバックパッカーしてミニマリストになったニート●今は、住み心地の良いミニマリストハウスを出て、汚実家に夫婦で寄生してる子持ち専業主婦●特技は逃走●家事が嫌いなミニマリスト●ドケチだけど節約はめんどい●ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい、猫とオタクが好きな30代 ●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ ≫【詳しく】