すっぴんぶろぐ

「元うつ職歴なしでも歩めた人生」と「ドケチミニマリスト女が選んだ物達」垂れ流し

【私の愛車はママチャリ】ロードバイク乗りのママチャリ愛を聞いてください

calendar

スポンサーリンク

愛車がついに壊れました

高校生の頃から毎日30kmを共にし、自転車の旅なんかにも行っていた愛車(ママチャリ)がもう乗れないということに。

まだ実家においていて近々今住んでいるところに持ってくる予定だったのですが、自転車屋さんについに、見放されたようです。

なんとかだましだまし修理して乗っていたのですが残念です。

予兆はあった

数年前からハンドルについているギア調節部分がうまくいかなかったり、いろいろ危ない感じだったのですが、古い形でパーツもどこも取り扱いがないと通告はされていたのでついに、という感じです。。。

10年以上毎日乗っていましたが、乗る距離のせいか、ママチャリにしては早い寿命ですね。

メンテナンスも晩年(?)しかしていなかったし、ごめんよ。

私の青春そのものでした。

だが!もう過去には戻りたくも縛られたくもない、手放すには、丁度良いタイミングかもしれませんね。

ロードバイク乗るけどやっぱりママチャリが好き

私は自転車、特にママチャリと呼ばれているシティーサイクルが好きです。

この[トイレにいくのもめんどくさい]というめんどくさがりがなぜ好きかというと、

 

座って遠くまで、

 

自分のペースで移動できるから

 

ですね。

 

なので座っている感じが薄く、前傾姿勢で景色が見えず、気軽に立ち止まれないところがロードバイクがそこまで好きになれない理由です。ボソボソ 2014年8月感想

ロードバイクは楽に遠くまでは行けるけど、

行かなければならない

という使命感が苦手です。

それでも乗りますけど (笑) 

 

 

何にも縛られたくない

身軽に気ままに行きたい

生きたい

 

 

つづく

2015年8月2日

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

吉永

吉永

夫の手取り17万東京23区の子持ち専業主婦

めんどくさい節約はしないドケチ
特技は逃げること

就職活動から逃走
失敗が怖い完璧主義でうつ病とニートに

退学してなんとか始めたバイトの帰りに京都へ逃走

「飛行機落ちろ」と100Lの大きなドラムバック抱えて親のお金でアメリカへ逃走

生きる価値のあるニートになって帰国

ドラムバック一つのまま日本のゲストハウスで生活

ドラムバックの中身から必要なものだけ引き抜いて栃木の農園に、逃...いや、住み込み

結婚観変わったり
山あり谷ありして、やっぱり谷で

装備をドラムバッグから少し小さくなったリュックサックに持ち替えて、東南アジアへ、やっぱり逃走

人生変わって帰国

リュックサック一つの身軽な生活にはまって床で食事したりしてたらいつのまにか結婚したりして

結局、現在
適当ミニマパッカー主婦へ退化し幸せに暮らしている猫と周りが見えてないオタクが好きな30代

ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい


●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ [詳細]