すっぴんぶろぐ

「元うつ職歴なしでも歩めた人生」と「ドケチミニマリスト女が選んだ物達」垂れ流し

自殺でも保険金が降りてほしい

calendar

reload

保険金を家族に残したくて事故に見せかけて自殺っていうやつ。

事故と判断されれば加害者は一生罪の意識から逃げられない。

自殺と判断されれば、命をかけてお金を作った人が救われない。

私は自殺は反対?ではないのでちょっと思うことがある。

自殺でも保険金降りてほしい。

自殺をするほどお金が必要なわけなんだよね。

だけど、それをしちゃうと保険会社がーっていう問題あるんだろうけど、それで保険会社が潰れるほど自殺が増えたらそれはそれでもう世界の別のところの問題をどうにかしないと、、、

 

 

あとは、私たちは事故を起こしたことがあるから、交通事故に関しては加害者の気持ちの方に感情移入する。

そうすると、事故じゃなくて自殺って判定が出てくれて、加害者側としてはほっとするのが正直なところではないだろうか

 

ついでに自殺でも保険金が降りればwin-win

 

ネットで調べても被害者擁護の記事ばかりだけど、悪質な被害者もいるよ

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

吉永

吉永

夫の手取り17万東京23区の子持ち専業主婦

めんどくさい節約はしないドケチ
特技は逃げること

就職活動から逃走
失敗が怖い完璧主義でうつ病とニートに

退学してなんとか始めたバイトの帰りに京都へ逃走

「飛行機落ちろ」と100Lの大きなドラムバック抱えて親のお金でアメリカへ逃走

生きる価値のあるニートになって帰国

ドラムバック一つのまま日本のゲストハウスで生活

ドラムバックの中身から必要なものだけ引き抜いて栃木の農園に、逃...いや、住み込み

結婚観変わったり
山あり谷ありして、やっぱり谷で

装備をドラムバッグから少し小さくなったリュックサックに持ち替えて、東南アジアへ、やっぱり逃走

人生変わって帰国

リュックサック一つの身軽な生活にはまって床で食事したりしてたらいつのまにか結婚したりして

結局、現在
適当ミニマパッカー主婦へ退化し幸せに暮らしている猫と周りが見えてないオタクが好きな30代

ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい


●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ [詳細]