すっぴんぶろぐ

「元うつ職歴なしでも歩めた人生」と「ドケチミニマリスト女が選んだ物達」垂れ流し

ハリーポッターシリーズ期待しすぎて勝手に失望した話

calendar

reload

ハリーポッター

 

ハリーポッターが大好きだけど、最終巻を読んだ時にはなんだか裏切られたような気がきした

 

 

それまで、最新巻が出れば寝る間も惜しんで一巻から読み返していたけれど、巻を重ねるごとに生まれる「いやいや?私の考察ミスかな?最後まで見ないとわからないよね」という、ギリギリの期待感

それが、見事に打ち砕かれ心にぽっかり空いた穴、期待していた内容と違っていて理解しようとする頭の回転が止まり、内容がさっぱり入ってこなかったことを今でも鮮明に覚えています

自分でもよくわからなかったけど、今になってようやく、当時の気持ちがわかったような気がします

スポンサーリンク

善人のいないリアル小説

結局は、私が期待していたより登場人物が「勇者」でも「完全善人」でも「英雄」でもなかったからですね

リアリティーといえばそうかもしれませんが、まだハリーポッターがわくわくのファンタジーだった頃、作者のJ.k.ローリングさんは「子供向け」と言っていたし、私もまだまだ世界は綺麗なものだと信じていた中学2年生でした

このまま夢いっぱいのファンタジーと、わくわくスリリングな戦いが続くと思っていた

 

確かに、炎のゴブレット以降はどちらかといえばホラーに近かったけど、まぁ魔法の授業風景が楽しくて楽しくて、忘れていたけど悪の帝王と戦う物語だったよね、それもちゃんと一巻から。と言い聞かせていた

ジェームズに失望

でも、話が進むにつれ、ハリーの父ジェームズはいじめっ子だし、シリウスはなんか身勝手だし、超超味方のルーピンまでその影響でなんか元いじめっ子だったし

それまでハリーの中の心の支えだった父の英雄譚のおかげですごい裏切られた感じ

もちろん、ジェームズのちょっとした一面だし、そんな頃もあるよね、という話だけど、夢いっぱいの小説だと思ってたからねぇ

しょんぼり

ダンブルドアは全知全能ではないただの人

ダンブルドアはハリーを我が子のような愛、ではなくて、物珍しいお気に入りと同性愛の一環と読み取れたし、

いくら、ヴォルデモートに考えを見透かされないようにハリーの目を見ないようにしたり、冷たくしても、今までのハリーからの信頼を考えればダンブルドアにしてはあさはかな、穴だらけの対応だし

これは映画の記憶だけど、最後の方は演出の問題なのか、原作もそうだったのか、一貫して表情も冷たくて、口調もつっけんどんで、いくらあんな悲惨で魔法界の危機でも我らがダンブルドアなら、もっとこう、愛情で包み込むような、わざと距離を取っていても隠れた愛情が見え隠れするような、そんな表現が全く見えなかった

秘密と覚悟は墓場まで….、じゃないのか?!

真の主人公スネイプが「実はいいやつ」だったとしても、入学当初から関係のないハーマイオニーやネビルにまでおかしいほどの陰険だし

最後には、「僕を見て」とかいってハリーに記憶を渡すし

この部分は物語のネタバレとしても重要だしスネイプが報われてよかったんだけど

なんというか、ここまで貫き通した愛と意志があるなら墓場まで持っていって欲しかったという私の勝手な理想像

散々な目に合わせておいて今更ハリーにそんなの見せるなよとか思っちゃった

私はハリーが好きなんだなきっと

しかも、ハリーは子供にダンブルドアとスネイプの名前つけるし

これはあっちでは普通なのかもしれないけど私の価値観としては、そんなに大切な名前なら永久欠番にしたい

そんな、名前もらったら子供として嬉しくないよなぁって思う

私基本的には当時、重要人物の退場は大好きでした

なんというかセンセーショナルというか、この人死んじゃうのか?!よく死なせたなぁみたいな感動があって

でも、ハリポタは、一巻からわくわくのピンク黄色のファンタジーだと思って読み始めたので、言ってしまえば「そんなつもりで読んでなかった」わけですね

シリウスの時もおどろいたけど、こんなにも人が死に、まさかのヘドウィグとフレッドは生き返るとさえ思ってた

いや、死ぬのはいい、ただ、ムーディもヘドウィグもフレッドも、もっともっと劇的な最後を描いて欲しかった

 

もうショックの何者でもなくて、モヤモヤした、まぁ勝手な期待なので文句はないけどさぁ、悲しい

ファンタスティックビーストと呪われた子供たち楽しみだねって話

などがグチャグチャと私の心をかき乱す、そんなことを思うファンタスティックビースト公開しましたね、という記事でしたw

 

まとまりがないけど、書きなぐった!

 

そこが魅力なのかローリングさんよ

それでも、ハリーポッターシリーズは私にとってトップ3のお気に入りなんだよね……

いやー愛あってこその不満記事なことをご理解いただきたい

あ、それから記憶違いとかあるかもしれませんがそこはスルーお願いします!

ちなみに、どれも大人な意見として自分で反論できるんだけど、まぁここに書いたのが正直な気持ち

 

ということで、ファンタスティックビーストも呪われた子供たちも楽しみなんだよね….w

 

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

吉永

吉永

夫の手取り17万東京23区の子持ち専業主婦

めんどくさい節約はしないドケチ
特技は逃げること

就職活動から逃走
失敗が怖い完璧主義でうつ病とニートに

退学してなんとか始めたバイトの帰りに京都へ逃走

「飛行機落ちろ」と100Lの大きなドラムバック抱えて親のお金でアメリカへ逃走

生きる価値のあるニートになって帰国

ドラムバック一つのまま日本のゲストハウスで生活

ドラムバックの中身から必要なものだけ引き抜いて栃木の農園に、逃...いや、住み込み

結婚観変わったり
山あり谷ありして、やっぱり谷で

装備をドラムバッグから少し小さくなったリュックサックに持ち替えて、東南アジアへ、やっぱり逃走

人生変わって帰国

リュックサック一つの身軽な生活にはまって床で食事したりしてたらいつのまにか結婚したりして

結局、現在
適当ミニマパッカー主婦へ退化し幸せに暮らしている猫と周りが見えてないオタクが好きな30代

ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい


●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ [詳細]