自転車事故で加害者が被害者に?保険示談交渉なしだったから20万が100万払うことになった話

こんばんにちはミニマパッカーの吉永です

自転車保険なしというか、示談交渉が付いてなかったので本来20万で済むような事故が、100万になりました

なので、今日は、自転車保険に入るか悩んでいる方と

どういう保険がいいかわからない方へ

たとえ入っていて保障金が無制限でも示談交渉が付いていないとこんなことがおきますよ。という実体験を踏まえて、今すぐに入るべき保険の話をしたいと思います。

私は豆腐を節約して使うドケチのくせに

お金は欲しいが失業保険の申請がめんどくさいので貰わないという

ドケチでめんどくさがりなミニマリストなのですが

保険料もったいないし、保険をもらうときの手続きがめんどくさいってんで

全部解約した私が入りなおした

「地獄を見た。保険と絶対に必要な保障内容一つ」

を紹介します

 

※少しフェイク入ります

スポンサーリンク


絶対に必要な保障内容

それは、

示談交渉サービス

です

 

示談交渉サービスとは

たとえば自動車保険には

ほとんどついていると思いますが

事故等を起こした時に

相手の方とのやり取りを

保険会社がやってくれるサービスのことです

 

今すぐあなたも入りたくなる恐怖の私の経験談(現在進行形)

「他人への保険」入っていたのに地獄を見た理由

それは示談交渉(事故後のやりとりやそろそろこの件は終わりにしましょうという交渉)

を代わりに保険会社がやってくれるサービスが付いていなかったことです

あなたも、自動車保険や生命保険についてるし大丈夫と安心していませんか?

それちゃんと自動車以外での事故でも示談交渉サービスついていますか?

 

私の夫は、自”転”車で歩行者とぶつかってしまいました

幸いけがも軽く、救急車などは呼ばずに済みました

しかし、3年たったいまも示談は終わっていません

しかもロードバイクじゃないですよ普通の自転車です

全ての任意保険を解約してしまっていて

残っていたのは賃貸アパートで絶対に入らないといけなかった家財保険(火事になった時に必要)

その家財保険におまけ程度についていた他人への保証がある保険(第三者賠償責任保障や個人賠償保険等いろんな呼び名がある)でした

これは他人へ何か金銭や賠償を払わないといけなくなったときに

保険会社が、ある程度お金を払ってくれる保険です

 

私たちが入っていたのは

おまけなので、お金を保険会社に請求できるだけで

相手との交渉や相談はついていません

 

どんな保険を選べばいいのか?なぜ示談交渉サービスが大切なのか

事故の時ってどういう風に事故になったかよりも先に

大きいものの方が悪いというルール?がありますよね

歩行者と自転車なら自転車が悪い

自転車と車なら自転車が飛び出してきても車が悪い

とかどういう順番です

自転車って誰でも乗りますよね?

加害者になる可能性大きいんですよ実は

 

当時は自転車事故については保険もあまりなく

どこかの保険に付属しているような

簡単なものしかありませんでした

 

最近は死亡事故なんかで大きなニュースにもなっているので

自転車保険自体は有名になってきました

 

しかし、そこで絶対に見落としていけないのは

「示談交渉サービス」が付いていて

最後まで無料で引き受けてくれるのかどうかです

 

人にけがをさせてしまったら「無制限のお金の保証」はしてくれる保険はたくさんあります

私も自分がこんな立場になるまではお金の心配しかしていませんでした

保険といえばお金の保証

みたいな。

 

ですが、特に加害者(乗り物が大きい方)になってしまったとき

相手の方とのやり取りは

お金の問題以上に精神的苦痛が大きいです

(もちろん、もし死亡させてしまったというような大きな金額だと

お金の方が重要かもしれませんが)

 

昔「すみません!」で終わっていたのになぜ「今」示談交渉サービスが重要なのか

それは、インターネットの発達が大きいと

個人的に思います

 

ちょっと想像してみてください

自分が弱い立場(歩行者側だったら)

だったら、

もらえるものはもらおう

と思いません?

 

相手の方が保険に入っていたと知れば(入ってなくても)

もらえるお金は貰おう

 

って請求しますよね?

 

まぁこの事故が起こるまでは

自転車と歩行者がぶつかって

その時に大きなけががなければ

「すみません」で終わると思っていたけども!

 

まぁそうじゃ無い方もいるし

今ではネットでなんでも調べてみて

「泣き寝入りなんてするな!

っていう知恵袋の解答ばかりです

そして、弁護士のHPなども同じです

だから、

気軽な気持ちで請求してみようかなって思いますよね

それに、確かにぶつけられたら請求したいですよね

 

でも、加害者にとって

なかなか終わらない事故は

眠れない毎日を過ごします

 

被害者は気軽な気持ちでも加害者には地獄です

たとえ擦り傷が原因で

「軽いんだけど請求させてね」

が始まり

「後で出てきても困るし一応気になるところ病院で検査してもらいますね」

なんて、相手は気軽な気持ちでも

加害者側はもう眠れません

大変です

 

たとえすぐに終わったとしても

たった一度のやり取りでさえ

吐き気がするほど嫌なものでした

そのたった一度のために

無駄になっても保険料を払い続ける意味がある

と、毎日思い知ってます

 

それがたとえば「しめしめ一生病院通ってやろう」

とか、

「嘘ついてふんだくろう」

とか、そういうあくどい方まで行かなくても

全ての言葉がこちらとしてはつらいんです

 

保険会社に丸投げしてしまえば

何年通われようと知ったこっちゃないんですけどね

ぶっちゃけ

ふんだくれるだけふんだくってどうぞ

ぐらいの気持ちです

 

でも、交渉サービスなしで

接骨院などに通い始めると

接骨院というのは一生通うことができるので

一生、被害者の方のいいなりになります

本当はいろいろ阻止する手立てはあるみたいですが

自分ではできません

(ちなみに「あとで脳とか首とか出てきたりしますよね?それはいつでるか一生心配して暮らさないといけないのですか?」と聞いたら保険会社曰く、あとでいろいろ出てくるというのは、警察立ち合いの事故の状況などでだいたいわかるし、症状固定というお医者さんが・・・のがあって・・・つまり一生心配はしなくていい(途中で後遺症分の慰謝料を上乗せしたりして終わらせる、ことになってるみたいな感じだそうです。がそれを相手の方に説明する勇気もないし・・・相手の方は納得してくれません。)

 

もう弁護士に頼むしかない

なぜかというと、

示談交渉サービスが付いていないので

相手の方に「そろそろ通院やめてもらえませんか?」

とは言えないからです

接骨院の先生もあまりにもおかしい場合は

対応してくれるかもしれませんが

おそらく、その可能性は低くて

たとえできたとしても

そういうやりとりもすべて自分でやらないといけません

 

ここまでくると弁護士に頼らざる追えなくなります

 

弁護士は被害者は無料・加害者は有料400万円とか

しかし、被害者(徒歩)は相談無料や、弁護士費用が安めなのにくらべ、

加害者(自転車)側は、相談は初回30分無料しかも予約して店舗へ行かないと行けなかったり、弁護士費用(実際に出てきてもらう)だと、数百万(まだ自転車事故の相場は確立されていないけど400万とか)はかかります。(チャットで相談!とかも結局は店舗予約しないといけませんでした)

 

3年間、眠れぬ日々を過ごしています(現在進行形)

そして事故をおこして三年

—-追記—-

紆余曲折(ごね得されて)あって、結局100万お支払することになりそうですが、保険でカバーできるのは「通常の相場」である20万までとなり、

80万は自腹になりました

100万になるまでに、営業時間外にもかかわらす保険会社の担当の方がなんとか相談に乗ってくれて、いろいろ手立てはあったのですが結局その交渉を加害者の方ご本人に夫から言い出せず、

ぶっちゃけ感じたままいっちゃうと

こちらが泣き寝入りすることになりました

 

もう、相手の方との長い間のやり取りと笑顔のままのネチネチ攻撃にこちらが疲弊してしまい、あちらの方の声を聞くだけで精神不安定に。

幸い、ぎりぎりサラ金とかに手を出さずに済む80万で済むならと、要求を呑むことにしました。

 

そして一番怖いなと今回感じたのは

相手の加害者の方が、たぶん世の中で結構多いであろう人種

「超悪い人じゃないけどいい人ではない」というところ

結局はこちらが断ればここまで金額が膨らむことじゃなかったかもなんだけど

夫は言い出せない性格

というか、だいたいの人は加害者といわれてしまえば言い出せないですよね

(うちだって怪我したんだけど自転車だったから加害者になっただけ)

 

数百万かけて弁護士に頼むほど、あちらも迫ってくるわけでもない

という、本当に、示談交渉サービスがあったら防げたことだと思います

何も敏腕交渉人じゃなくても、弁護士じゃなくても、「相手とやり取りができる立場の第三者」がいるだけで、違ったと思います

言っちゃえば、近所のおじさんとかが間に入れるものなら入って、いやそれはどうなの?って言ってくれるだけで、違ったかもしれない

(でも今の時代おじちゃんが出てきても「あんたの出る幕じゃない」で終わってしまうけど)

 

という感じで、

事故をおこしてけがをさせて、本当に申し訳なかった

だけど、当事者じゃないけど当事者みたいな妻としては、なんとも悔しい思いをした事故でした

掛け捨て大っ嫌いだけど、この件に関しては掛け捨てでもいいから示談交渉サービス付きの保険に一生入ろうと誓った経験でした

————

 

では、そんなドケチミニマパッカーが入った保険となぜ選んだのか次で紹介します

がその前に、そもそもどうして保険を解約してしまっていたのか

まだ保険の必要性にピンと来ていない方へ

ちょこっとだけダメ押しの一発を

いや、もう保険の重要性がわかった!「すぐに入れる保険」を読むにはこちら

保険は最低限でいい?全部解約した理由

保険入るくらいなら貯金したほうが確実だし

まだ若いから事故や病気で出ていくお金より

保険料の方が高くなる可能性高いし

事故や病気したときはその時はその時って感じで

いらね!って全部解約しちゃったのよね・・・

でも、本当に必要な保険は

自分がどうのこうのなったときじゃなくて

相手がいるときの保険だったんだよね・・・

しかも示談交渉付でね!

 

「お金があるから保険はいらなくてどうにかなるだろ」←地獄行き

自動車をもっていない人にとって保険といえば、

生命保険や病気の時に「お金をもらえる」保険かとおもいます

それが必要かいらないかはいろいろな考えがあります

自分だけの問題のときは

自分で判断したことだしどうにでもなるし

あきらめもつくかもしれません

でも

自分が何かの加害者になったときの保険は

自分だけではどうにもなりません

そしてそれは「お金持ちで払えるし大丈夫」では太刀打ちできない問題があったのです

(うちはお金ないけどね)

参考≫【東京賃貸車】手取り月20万家族の家計予算はこんなかんじです

 

お待たせしました

ドケチミニマパッカーの私が選んだ保険です

事故当日すぐに入れるドケチミニマリストのおすすめ保険

で、その事故が起きてすぐに入った保険が自転車向け保険ーセブンイレブンでは入れる保険(三井住友海上)です

ミニマリストがなぜセブンイレブンの自転車向け保険を選んだのか

なぜ選んだかというと

選ばれてNo.1ということ

示談交渉サービスがついていること

でした

もう、細かいことを比べている時間はなくて

事故をおこした次の日からまた自転車に乗らないといけませんでした

なので、深夜にも手続きができて、それなりの大手で、示談交渉が付いていたので迷わず入りました

もし、他に安くてもっといいところがあったら?と調べたくなりますよね。

でもセブンの保険は一年更新しかプランがないので「何年プランだと安いかな」とか迷う必要もないのでとにかく今すぐとりあえず入っておいて

探すのであれば、一年かけてゆっくり比較して別の保険を探したほうが安心です

保険比べしたことある方ならわかると思いますが

超時間かかりますよね

 

その時間もったいないし

明日は我が身です

 

選ばれてNo.1の割に安し

夫婦プラン5230円/年(436円/月)

選ばれてるってことは

いろんな人がすでに比べて

その結果みんなが入ってるってこと

 

大きな会社だし信用度もある

迷う必要ないです

 

私は結構比べてから入るタイプです

だって無駄なお金払いたくないから

 

でもこれは本当に

たった一年適当に選んだことに我慢すればいいだけで済むんです

ここで「もう少しネットで探してから」とかやってるうちに

私たちのように

眠れぬ日々

終わらぬ不安

一緒続くかもしれないんですよ・・・

 

そわそわしないで済むセブン保険の入り方

セブンにあるマルチコピー機で手続きできます

つまり店舗にいけば手続きできます

コピー機で名前やメアドを登録するので、後ろに待たれるとソワソワするという方は以下のネットからでも事前登録できますよ

セブンイレブン自転車向け保険

※結局二年目、三年目も更新しました

 

追記セブンより良い保険はサイクルパートナー

いろいろ調べてみたら、クレジットカード作らなくて済む中では値段と内容でサイクルパートナーが最強です

上の表よりわかりやすいクレジットカードなしでも入れる示談交渉付き保険の比較表がわかりやすいサイト様

おすすめの自転車保険の比較と評価ランキング~個人賠償責任保険だけ入っていれば大丈夫?(takaの本当にお勧めの保険を徹底的に探すブログ様)

※示談交渉サービスは絶対必要です

この保険は、自転車屋さん大大大手のサイクルベースあさひとau損保が共同開発した保険で
示談交渉付き、相手の方への賠償最高2億円、月額150円(本人のみ)、家族月額270円

自転車以外でも保障が付いてます(ちなみに上のサイト内最安値は自転車のみの保障なのでおすすめしません)

なにも、加害者になるのは自転車だけではなく、歩いていてもなるし、自転車だけじゃなくて第三者に賠償しないと行けなくなったときには保証してもらいたいですから。

あと、上のサイト様はページによってこのサイクルパートナーの保障の値段(2億)が違っているので下の公式サイトで最新情報を確認した方がいいです

あさひオリジナル自転車保険「サイクルパートナー」の公式情報を見る


ブログでは語りきれない
ニート脱出しないニート脱出企画メルマガ始めます

私のうつ病人生と現在までの回復の流れをまとめた電子書籍と、うつ状態を繰り返しても生きるのが楽になる電子書籍をプレゼント中

詳細はこちらの「ニートの国」


スポンサーリンク


●実家に夫婦で寄生してる子持ち専業主婦●特技は逃走●家事が嫌いなミニマリスト●ドケチだけど節約はめんどい●ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい、猫とオタクが好きな30代 ●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ ≫【詳しく】