【最近涙流してますか?】お盆休みは日本一きれいな高知県仁淀川で癒されたい

追記>2018年の西日本を襲った大雨と土砂崩れの災害で仁淀川付近も大変な被害を受けた様子です・・・追記ここまで

泣けるほどきれいな川「高知県の仁淀川」

ここは「ありのまま」ではなく、人が川を守り、森や川に人が守られて保っている美しい世界だそうです。

昨日は、The鉄腕ダッシュで高知県の和紙特集で出てきたり、

今日は「三ツ矢サイダーPresents 海の日スペシャル 水の惑星 大冒険~澄み切った美しい水を求めてカリブ海から日本へ!」

で特集されていて、あまりにもきれいすぎて涙が止まらなかったので仁淀川についてまとめ中!

今度四国にロードバイクサイクリング行くから行きたい。。

スポンサーリンク

きれいごとでも涙

自然が好きとか、水が好きとかいってても普段は油汚れとかめんどくさくてちょっとしか拭かないで流しちゃったりする時もあるんですよね。私。

それでも、水がきれいな映像を見るとこうやって涙ぼろぼっろ出てくるとか、ちょっと調子いい話よね~w

 

どうしよう。きれいすぎる仁淀川

こちらの動画で解説してくださっている方が、仁淀ブルーという言葉を作ったそうです。

詳しくはこちら 奇跡の清流 仁淀川 公式サイト

 

柵の無い橋

仁淀川にかかる橋には、柵がないところがあるそうです。

なのでふらつくとそのまま川に落ちてしまいますw

安全第一の最近の日本では(都市部)では考えられらい環境、

なぜ策がないかというと、川の水が増えた時に、水の下に橋がもぐってしまうことを想定しているんだそう。

川の流れを妨げないよう柵は作らないそうです。

 

素敵!!!!!

 

 

編集中


ニートの国へ

  

ブログでは語りきれない
ニート脱出しないニート脱出企画メルマガ始めます

私のうつ病人生と現在までの回復の流れをまとめた電子書籍と、うつ状態を繰り返しても生きるのが楽になる電子書籍をプレゼント中

詳細はこちらの「ニートの国」


みんなが次に読んでる記事

うつ病からバックパッカーしてミニマリストになったニート●今は、住み心地の良いミニマリストハウスを出て、汚実家に夫婦で寄生してる子持ち専業主婦●特技は逃走●家事が嫌いなミニマリスト●ドケチだけど節約はめんどい●ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい、猫とオタクが好きな30代 ●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ ≫【詳しく】