すっぴんぶろぐ

「元うつ職歴なしでも歩めた人生」と「ドケチミニマリスト女が選んだ物達」垂れ流し

ワンピースしか着ないコーデ思わぬ落とし穴

calendar

こんばんにちは、ミニマパッカーの吉永です

ミニマリストのワンピース記事はちらほら書いていますが、やっぱり最強アイテムですね

その考えは変わらないわけですが、果たしてそれが自分に合っているのか否かを考えさせられる事態が発生

それはというと…

スポンサーリンク

UNIQLOでマタニティーワンピース

ユニクロマタニティーワンピース

ミニマリストと関係なしに?マタニティーウェアとしてUNIQLOのワンピースを着ています

マタニティー用ではないけどひざ下丈でシンプルでなかなか良いです

3月から7月まで、このワンピースとTシャツ、腹帯(腹巻)、借りてるマタニティーパジャマのみで過ごしています

Tシャツが必要だけど、まぁこれはマタニティー終わっても本格的に冬以外ワンピースコーデでいけるなと確信を持ったその時

 

マタニティーボトムスを手に入れた

マタニティーズボン

マタニティー用のボトムス、ズボンをもらいました

なにこれ、しっくり

やっぱり私はズボンが好き

好きなんだ

ズボンを履いている自分の姿

ズボンのポケットにスマホと財布をストンと落し入れて手ぶらで歩く身軽さ

なんだこの、トキメキは

妊婦じゃなかったらスキップしたい

トキメく物だけ残す、好きのものにだけ囲まれる生活とはこういう事かと、

今更ながら感じたのであります

 

楽チンさと自分らしさのどちらが大事か

私は、楽チンさを極めるのが自分らしさだと自覚しています

そして洋服なんて逮捕されない程度着てればいいという考え

だけど、ズボンとTシャツで洒落てないのに清潔感がある格好はやっぱり気持ちよく過ごすために必要

しかも、このズボン、真夏には少し暑い

と言ってもフェイクジーンズを夏でも履いているので大したことではないけどワンピースと比べるとね…

しかしそれでも

私のアイデンティティにはやはりかっこいいズボン姿が必要なのではないか

そんなことを気づかせてくれたマタニティーズボン

とにかく、マタニティーズボンみたいな楽チンなズボンが普通に売っていればいいのにと切に願う夏真っ盛りなのであります

 

冬もワンピースで過ごせるかチャレンジ

30代ミニマリストが一年間で着る服全部で10着を紹介

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

吉永

吉永

夫の手取り17万東京23区の子持ち専業主婦

めんどくさい節約はしないドケチ
特技は逃げること

就職活動から逃走
失敗が怖い完璧主義でうつ病とニートに

退学してなんとか始めたバイトの帰りに京都へ逃走

「飛行機落ちろ」と100Lの大きなドラムバック抱えて親のお金でアメリカへ逃走

生きる価値のあるニートになって帰国

ドラムバック一つのまま日本のゲストハウスで生活

ドラムバックの中身から必要なものだけ引き抜いて栃木の農園に、逃...いや、住み込み

結婚観変わったり
山あり谷ありして、やっぱり谷で

装備をドラムバッグから少し小さくなったリュックサックに持ち替えて、東南アジアへ、やっぱり逃走

人生変わって帰国

リュックサック一つの身軽な生活にはまって床で食事したりしてたらいつのまにか結婚したりして

結局、現在
適当ミニマパッカー主婦へ退化し幸せに暮らしている猫と周りが見えてないオタクが好きな30代

ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい


●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ [詳細]