人生は捨てれば楽になりますメルマガはこちら

約束だけじゃないバスや児童館も怖い予定恐怖との付き合い方

予定恐怖症って勝手に呼んでるのですが、私は予定がある事や時間に追われるものがとても苦手です

このことにはっきり気がついたのは最近です

ブログを書くことで必然と自分と向き合う必要が出てきてわかったことです

自己紹介がてら、予定恐怖症との付き合い方を紹介します

スポンサーリンク

予定恐怖症とは?

予定がある事が怖いです

友達との約束だろうと

楽しみな劇団四季の観劇だろうと

楽しみな週末家族旅行だろうと

例えば自由参加の児童館の月一のイベントなんかもそうです

あとは、電車やバスの時刻表があるものも苦手で

特に長距離バスや指定席などのなどの予約が必要なものも苦手です

 

バックパッカーのように誰にも迷惑をかけない自由気ままな旅で人生を変えたように、時間に縛られて動かないといけない事がとてもストレスで

これは、自分が思っていたよりも大きな障害?でした

 

怖いってなにが怖いの?

予定を入れてしまったり自由参加でも参加したいなーと思っていると、その予定が終わるまで、ずっとそわそわしてしまいます

それが楽しみなイベントでもです

その予定に向けてあれこれと準備しないといけない気がして、落ち着きません

なにも手につかなくなってしまうんですよね…

 

予定恐怖症で一番困った事

最初の違和感は、よくある「仕事が嫌」という問題でした

仕事が嫌なんてよくある事なのでそんなに疑問ではなかったんだけど(かなり悩んでますが)

 

仕事こそ、決まった曜日、時間に出社しなければいけません

しかも、責任もかかってくるので余計恐怖ですよね

だから、長くても二年くらいでギブアップしてしまいました。

仕事に関しては、甘えてんだろ!って言われてしまうとそれまでなのですが、まぁ生き方はいろいろあります

 

だけどわ楽しみなイベントとかもストレスになるのは正直辛いです

 

今後、子供の英語教育で毎週決まった曜日にテレフォンイングリッシュしないといけないので今から体が持つか不安です…

 

そして、私に友達がいないのも友達との約束もドタキャンしまくったからからというのもありますし

ドタキャンやお誘いが嫌で自分から連絡先を絶った経緯もあります

 

予定恐怖症との付き合い方

そんな私なのですが、今はそれなりに人生楽しんでます

というのも、予定は極力入れないようにしています

なんだそんなこと?ってなりますがこれが結構難しいと感じています

これは家族柄なのですが、うちの父は私より気まぐれなので旅行に行くという決定は早くて前日

どこにいくかはっきりした予定は当日に決まります

 

わたしには友達が今2人だけいるのですが、その友達も私が予定が苦手なのをなんとなく感じ取ってくれてて

なんでこの二人なのかというと、私が何度ドタキャンしても、気にせず今でも誘ってくれるからです

しかも電話ではなくてメールで誘ってくれます

メールだと考える時間があって、なおかつ、急いでない内容しかやりとりできません

そこが安心ポイントです

 

つまり、メール見てなかった、で済む誘いしかしないのです

 

ドタキャンokの予定しか組みません

あとはなるべく当日か前日に誘ってくれます

 

電車にもほとんど乗らずに移動は自転車か車です

子供を乗せて走りやすい道なら往復50kmくらいならママチャリで行きます

私は引きこもりたいのにロードバイク(今はママチャリ最高)が好きなのは多分このから来てますね

 

子供の予防接種は予約のいらない小児科を選んでいます

ちなみに産院も激混みでしたが予約不要のところを選びました

 

 

準備は前日

ただ、観劇や夫の計画した旅行は当日というわけにはいきません

なので、その時は、準備は前日にすると決めています

旅行の際は持ち物リストをアイホンのメモ帳に書いておきます

 

そわそわはしますが、これでストレスを最小限にしています

そわそわの原因の1つには、やっぱり準備のことを考えないといけないというのがあったりするので、

前日までは手をつけず

前日に勢いでおわらせて、不完全、忘れ物してもいい!と割り切ります

 

今の時代なんでも買えるし、どうにでもなります

 

スポンサーリンク

 

まとめ

とにかく、うっかりすると意外と毎日予定はあります

金曜日が特売日とか。

だけど、とにかく、予定を入れない、予定を決めないようにしてます

特売日みたいなのは時間は決まってないのでその日いけたらいけばいいやで楽になるし

タイムサービスはその時間までにあれしてこれして、ってなるので行きません

 

その日その日の思いつきで生きてます

 

予定恐怖症、こんな人間もいますよと伝えたくて書いてみました

お読みいただきありがとうございます

 

コメント

カテゴリー

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました