すっぴんぶろぐ

「元うつ職歴なしでも歩めた人生」と「ドケチミニマリスト女が選んだ物達」垂れ流し

「東南アジア一人旅タイ7日目」パクナムでローカルなお祈り体験とタイの日本食?

calendar

reload

おはようございます

昨日感じた心細さと疲れと共にバンコクの喧噪を離れ、じめっとしているけどさっぱりと晴れた朝をパクナムの一軒家で迎えております

人から逃げてきたこの旅。

久々の人とのふれあいに緊張しております

パクナムとはバンコクからちょっと南下した郊外でフィリピン学校の先生の元生徒さんのおうちに泊めてもらっています

しかし、ぐだぐだしている暇はない、どうやら出かけるらようである、なんと今日は選挙の日らしい!!

選挙といてもどのあたりの選挙なんかわからないけど、タイは国王様を国をとても敬っているのでなんというか、日本の選挙より意識が高くとっても大切な日にお邪魔してしまったんじゃないかと心配になるすっぴんです

おはようございます(二回目)

【東南アジア3か月目】1タイ7日目パクナム2日目5/22

スポンサーリンク

タイの家族と日本人

東南アジアバックパッカー

※画像はその子の親戚一同とわんちゃんと私

さてさてその友達の家族構成は、父母、その子、弟の4人家族らしい

片言の英語力なのでなんとなくなんだけど、家の大きさとか見ているともしかしてこの家族大金持ちなんじゃないのか??

お母さんはアメリカでシェフをしているらしい

もうこの時点で私の中の「タイ人」のイメージがぶっ飛んだ

そもそも、タイの学生がフィリピンに英語留学するって、タイの中では超エリートなんじゃないかと、ちょっと失礼な想像をしていたところに、友達の女の子と二人で車に乗り、選挙へ

関連>失敗覚悟でフィリピン留学3か月結果まとめ

他の家族は、別の車で。

ここでもさりげない気の使い方にほっこりする

どうやら、選挙→二人で観光→あとで合流で夕飯というスケジュールらしい!!

 

なんともしかりとしたホスト様!!

別にお客ってわけでもなくただ押しかけただけなのに!!

感謝感謝で申し訳ない。

私は、ここで超ローカルな体験をさせてもらうことになるわけです!

タイの選挙

まずタイの選挙の様子なんてこんなまじかで見ることないよな~

と思いつつ、別に外で待ってただけで何の収穫もなく(というか興味が出ないw)

政治的なことはわからないのだ

とにかく、タイの王族様を決して侮辱してはいけない!ということだけ気を付けてます

が、侮辱しないようにってどうしたらいいのだ?

町中にある写真に背を向けないとか?(そのくらい平気っぽい)

ふつうにしていれば外国人の私が侮辱することもないかな?

タイのガソリンスタンド

途中ガソリンスタンドに寄ったんだけど、ちゃっかり広告が立てられる!

なんて無駄のない広告だ!理にかなっている!

タイのガソリンスタンド

内容はわからんw

 

パクナムのお寺でローカルお祈り方法を教わる

パクナム

選挙が終わったのだが、どうやら観光向けじゃないローカルなお寺でローカルなお祈り手順を経験させてあげるよ!

観光客はなかなかできないことだよ!なぜなら、こんな普通の家庭の知り合いはいないからね!

というようなことをいっていた!

確かに!!!!!!とおもうと同時にあまり興味が出ないが、体験させてもらおうせっかくなので(失礼)

 

まず寺院までつながっている超民家の外の屋台?でお供物のようなものとお花を購入

日本のお彼岸みたいな感じだった

それをもって、お寺の中へ

なんか一緒にお祈りしたんだけど恥ずかしくてあまり覚えていない

タイのお寺で写真撮影

パクナムタイ

そうそう、その私のたどたどしいお祈りシーンを、私のミラーレス一眼カメラでバシバシ撮ってくれていた

日本の事すらよく知らないけど、タイのお寺や人々がお祈りしているところを撮影することは特に禁止されていないそうです

それから、お寺の中は結構すずしくて、寝ている人とかもいる

 

とりあえず説教をらしきものを聞くが内容はわからないので神妙な顔をしておいた

タイのお寺で感じた人生観

パクナム

私は、日本で仏様にお尻を向けて寝いてた叔父に、別の場所にいたまだ数歳の甥っ子が「お尻を向けるなって言ってる」という場面を目の当たりにしているので、なんというか、霊の存在信じる信じないとかではなく、結構そういう礼儀?に敏感になっていたので、なんともおおらかな人々と、

おおらかな仏様が心が癒された

何度も書くけど、アタマガチガチで礼儀とかわからないからこういうところ来るのも嫌だったけど、そんなに肩ひじはらなくてもいいんだなって感じた

写真撮影もしていいし、寝ていてもいい、仏教の国タイでこれなんだもんw

それよりも、日々の感謝や信仰心が大事ってことなのかな?

親戚一同お集まり

次は、おばさん(お父さんのお姉さん)の一家の家に連れていかれた

お邪魔させてもらっておいてなんだけど、「まだ人が増えるのか。。」w

どうやらみんな日本人に会いたいっぽい

みんなフレンドリーでファニー(愉快)でwしばらくこっちに泊まりなーよ!!!!って言われたけど、

旅行の帰りにまたもどってきたらよろしくといっておいた。

旅行より貴重な気がするけどもう少し一人でいたいな!!

パクナムのモールその1へ

ここから親戚一同とぞろぞろモールへ行った

ショッピング欲のない私はどうしていいかわからずにとりあえず、アイス食べてお茶を濁しておいたw

パクナムアイス

私はマンゴー、友達はココナッツに…チョチョコクリスピー

でも、マンゴーなら外れないだろと持ったけど(おしいかったけど)ココナッツのやつおいしかったーw

もし、タイでこういうアイス屋さん見かけたらココナッツやで(^.^)b

 

あと、タイにはこれでもか!ってくらいドラえもんがいる

私の半分はドラえもんでできているので、超うらやましい

日本では生前藤子さんはドラえもんグッズを作ることを良しとしていなかったそうで、あまりない。

タイで多いのはもしかしたら許可の取っていないものばかりかもしれないけど、とにかくなんでもかんでもドラえもんグッズがあってうらやましいw

タイドラえもん

日本の事を知りたいと初めて思った

アイス食べたモールから退散して、もう一つのモールへ

にしても、フィリピンもそうだけどモールたくさんあるな~

もし私が逆にホストとしてこの家族を日本に招待したら何をするだろうか

考えても何もでてこない

地元(関東)はこうやって近場を案内するとなると、何でもあるけど何でもありすぎて、何が珍しいのかわからない

どこに連れて行けばいいのか、何がおすすめなのかさぱっりわからない

もっと日本、せめて地元の事を知りたいと初めて思った

タイのスキヤキ

モールその2でMK?という日本食レストランへ

タイ日本食レストラン

タイスキとなんとなくかぶるけど、それは名前だけ。

夕飯はタイの日本食屋さんで、「日本のスキヤキ」をごちそうになりました!

すきやき、すきやき!

いったいどんなものが出てくるのかな~と目の前にあるお鍋をつつきながら談笑

タイでスキヤキ

画像ブレブレだなw

ちなみに食べ放題?っぽくていろいろ注文しておっくりおっくり鍋の中に入れるものが運ばれてくるんだけど、どれ一つそれがいったいなんなのかわからない。。肉団子?つみれ?みたいなのだけ練り物かな?とは思うんだけど、緑のとかこんにゃくに思えてけどなんか違う気もするし。。

そんなことより、

私より片言の英語で爆弾トークをするおばさんと、弟が、めっちゃおもしろい!!!

弟が特に面白くて、日本人だったら和製英語とかもあるし、スプーンとか小さい子でもしってる

でもタイでは、違うらしくって、日本よりもっと英語の勉強は少ないらしい

それを考えると、「英語ができない」って日本人は、ほとんどの場合「できないじゃなくて話さない」だけなんだなと改めてと痛感

単語もはちゃめちゃだけど、なんとか言葉を発して私に一生懸命伝えようとしている姿をみると、言葉ってコミュニケーションのツールなだけであって、完璧に言葉を操れなきゃ伝わらないなんてことは絶対にないと確信した

話が脱線したw

 

そうこうしているうちに、食事が終わり、あれ?スキヤキじゃなくなったのかな?

そういえば、ここに来る前に一件目は満席で入れなくてこっち着たし、きっと変わったんだなと思っていたら、

ほら日本でもこうでしょ?!とまだまだ高いテンションの家族(とそのあと合流した親戚)

 

 

 

(;O;)はっ!

 

 

 

 

今のがSUKIYAKIだったのかwwwwwww

どちらかといえば寄せ鍋というか闇鍋というかw

まずくはなかったけど、何を食べているのかよくわからなかったです正直w

 

でも、日本を離れて3か月、しかも日本でもあまり家族とワイワイしていなかったので、久しぶりに家族を感じられたいい機会でした

 

今日のまとめ

嫌いに近かった日本の事を考えるきっかけにもなったし、おおらかでのびやかな人々もみられた

話せなくても言葉を発して表情を見せる事がコミュニケーションには大切だと知った

旅先でこうやって安心して過ごせるのもなかなかないだろうしとても良い二日間でした

 

この後、日は落ちていたけど、またバスに乗ってファンが強く、外がうるさいカオサンまで帰ります

おやすみ

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

吉永

吉永

夫の手取り17万東京23区の子持ち専業主婦

めんどくさい節約はしないドケチ
特技は逃げること

就職活動から逃走
失敗が怖い完璧主義でうつ病とニートに

退学してなんとか始めたバイトの帰りに京都へ逃走

「飛行機落ちろ」と100Lの大きなドラムバック抱えて親のお金でアメリカへ逃走

生きる価値のあるニートになって帰国

ドラムバック一つのまま日本のゲストハウスで生活

ドラムバックの中身から必要なものだけ引き抜いて栃木の農園に、逃...いや、住み込み

結婚観変わったり
山あり谷ありして、やっぱり谷で

装備をドラムバッグから少し小さくなったリュックサックに持ち替えて、東南アジアへ、やっぱり逃走

人生変わって帰国

リュックサック一つの身軽な生活にはまって床で食事したりしてたらいつのまにか結婚したりして

結局、現在
適当ミニマパッカー主婦へ退化し幸せに暮らしている猫と周りが見えてないオタクが好きな30代

ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい


●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ [詳細]