すっぴんぶろぐ

「元うつ職歴なしでも歩めた人生」と「ドケチミニマリスト女が選んだ物達」垂れ流し

今日捨てた物。何度も繰り返す30代のコスメ事情

calendar

100円ショップコスメ

こんばんにちは、ミニマパッカーのブログです

なにをさらっと更新してるんだい?昨日の捨てたものがないぞ。という感じなのですが、昨日は久しぶりに同居人と休みが一緒だったので二人でのんびりしてました

今日捨てた物。涙ぶくろメイクができるクレヨンタイプのアイメイク用品(100円ショップ)

30代のメイクにふさわしのかふさわしくないのかよくわかりませんが、それなりに使っていたんですけどね

スポンサーリンク

涙ブクロ必要か?

なんでズボラでめんどくさがりでほどすっぴんの私が寄りにもよって必要度の低そうなこのアイテムを購入したかというと、化粧が下手なのでいつもすっぴんにみられるんですよね

20代のころはよかったのですが30代になってから、「すっぴんで仕事してるの?」なんて思われてたらいやだなと思った時期がありました

そう思うと当時に、毎朝化粧に時間とられるのも、「バッチリメイク」練習の為にアイテムを買い込むのもなんか違う

おそらく原因は肌のつくり込みが出来ていないんだと思うんだけど、パート主婦さんたちとも手順は一緒な気がするんだよな~下地、ファンデ、チーク、マスカラ、くらいが最低限じゃないの?

この前、メイベリンから出ているスティックタイプのハイライトとシャドウを店頭サンプルで使ったら結構よくて、これ使えばそれなりだな~なんておもいつつも、毎朝その時間を取る必要性を考えると。。いらん!となってしまう、このズボラよ

話を戻して、そうして、考えた挙句、ファンデすら塗らなくても涙ぶくろメイクするとなんとなくすっぴんに見えない気がする(化粧が浮いてるってことか)

そうやっておかしな方向にぐいぐい進んでいった結果がこのアイテムだったんですね

 

歴史は繰り返す

予想通り、中途半端に買い込んでは、つかいこなせなくて捨てるというのが、20代のころからのマイクロニクル。私の歴史である

関連>今日捨てた物。30代のマスカラなしメイクへ

そんな感じで、使い終わってないんだけど、今はクレンジングもシャンプーでやってみるテスト中でなるべく泡の届かない所はお湯で落ちるものにしたいので申し訳ないけどさようなら

 

あとがき

バックパッカー終わって、一気に家のものを捨てた時は、ブログに書いていなかったのであまり罪悪感は感じなかった

関連>私がミニマリストになったきかっけと思ったこと

もったいないな~とは思ったので売れそうなものは売ったりしたけど、そんなことよりはやく物から解放されたくて、結構捨ててたんですよね~

もうあの頃より物に埋まっていないので、捨てる時の一つ一つを向き合うから、罪悪感を伴いますね

まーここで、きれいに、「物に感謝です」とか閉められないのがミニマパッカー。だって捨てる時の解放感って気持ちいんだもんw

 

 

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

吉永

吉永

夫の手取り17万東京23区の子持ち専業主婦

めんどくさい節約はしないドケチ
特技は逃げること

就職活動から逃走
失敗が怖い完璧主義でうつ病とニートに

退学してなんとか始めたバイトの帰りに京都へ逃走

「飛行機落ちろ」と100Lの大きなドラムバック抱えて親のお金でアメリカへ逃走

生きる価値のあるニートになって帰国

ドラムバック一つのまま日本のゲストハウスで生活

ドラムバックの中身から必要なものだけ引き抜いて栃木の農園に、逃...いや、住み込み

結婚観変わったり
山あり谷ありして、やっぱり谷で

装備をドラムバッグから少し小さくなったリュックサックに持ち替えて、東南アジアへ、やっぱり逃走

人生変わって帰国

リュックサック一つの身軽な生活にはまって床で食事したりしてたらいつのまにか結婚したりして

結局、現在
適当ミニマパッカー主婦へ退化し幸せに暮らしている猫と周りが見えてないオタクが好きな30代

ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい


●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ [詳細]