すっぴんぶろぐ

「元うつ職歴なしでも歩めた人生」と「ドケチミニマリスト女が選んだ物達」垂れ流し

プロフィール「うつ病編」

calendar

reload

私がうつ病になったのは18歳~20代後半にかけてです。

一番のピークは20歳から25歳あたりでした、2017年で32歳の主婦です。

スポンサーリンク

人に頼れない真面目

あなたもそうだと思いますが、まさか自分がうつ病になるとは思っていませんでした。でもなってみると、自分こそがうつ病になりやすい性格や考え方だったんだと、典型的な人だったんだと思います。

人前では常に明るく、いい人で、しっかりとした常識人を演じ、周りの期待に応えようと必死。頑張ることが当たり前で世の中の当たり前を当たり前としか思っていない。仕事は辛くて当たり前だし、学校は遅刻するなんて考えられないくらい罪なこと。有給休暇なんて取れないのが当たり前と信じているし、言われたことは例えお給料が出なくても完璧にこなすのが社会人として当然だと信じて疑っていませんでした。

だけど、自分が真面目だなんてこれっぽちも思ってなくて、どちらかというとお茶らけた人だと思ってる。

そんな、「人から良い評価を受けてこそ自分の価値」を認識するような人でした。

もっと詳しく≫プロフィール

 

うつ病の原因はわからない

正直、はっきりとはわかりません。

簡単にいうと完璧主義や”ちゃんとした大人”にならなければいけないプレッシャーと、社会人としての周りから見られるプレッシャーに耐えられず、小さいころから貯め込んだ両親とからのプレッシャーが合わさって爆発したんだと思います。

はっきりとわからなかった為、ここまで改善するのにも時間がかかりました。

 

「重度うつ病を自力で克服した具体的方法」その1.夜中に裸足で外出・・・その2・・・続きはこちらです

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

吉永

吉永

夫の手取り17万東京23区の子持ち専業主婦

めんどくさい節約はしないドケチ
特技は逃げること

就職活動から逃走
失敗が怖い完璧主義でうつ病とニートに

退学してなんとか始めたバイトの帰りに京都へ逃走

「飛行機落ちろ」と100Lの大きなドラムバック抱えて親のお金でアメリカへ逃走

生きる価値のあるニートになって帰国

ドラムバック一つのまま日本のゲストハウスで生活

ドラムバックの中身から必要なものだけ引き抜いて栃木の農園に、逃...いや、住み込み

結婚観変わったり
山あり谷ありして、やっぱり谷で

装備をドラムバッグから少し小さくなったリュックサックに持ち替えて、東南アジアへ、やっぱり逃走

人生変わって帰国

リュックサック一つの身軽な生活にはまって床で食事したりしてたらいつのまにか結婚したりして

結局、現在
適当ミニマパッカー主婦へ退化し幸せに暮らしている猫と周りが見えてないオタクが好きな30代

ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい


●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ [詳細]