すっぴんぶろぐ

「元うつ職歴なしでも歩めた人生」と「ドケチミニマリスト女が選んだ物達」垂れ流し

スタバの紅茶TEAVANAのメニュー一覧と感想、ゆずシトラス甘すぎ!!

calendar

reload

こんばんにちは、ミニマパッカーのすっぴんです。

わたくし、お茶が大好きで、お茶以外飲まないので無いと困るほどです、が!さっぱり詳しく無いw

しかし、お茶好きとして日本上陸からずっと行きたかったスタバの紅茶企画(?)ティーバナ飲んできました!

スポンサーリンク

TEVANAとは新作?専門店?

ティーバナとはもともと紅茶の葉っぱ専門店のこと

それをスタバが買収して、新たに始めた紅茶専門のメニューたちのこと

元々は米国で「紅茶専門店」としてオープンしているので、今回日本上陸!!と騒いでたのは店舗を期待していた私は。

だから専門店ができるのかと思ってワクテカしていたけど、どこを見ての店舗の事が書いてない

まさか、、と思ったらそうです、今までのスターバックス店舗に新しいメニュー群ができただけ

だけ、といったけど、今までコーヒー飲めない私はスタバに行っても抹茶フラペチーノで文字通りお茶を濁すしかなかった

だって、せっかく高いお金払うのに、ホットティーとかチャイとか嫌だ!

抹茶は大好物なので抹茶ラテはゆるす!でも高い!ガストのドリンクバーで十分なのだよ!でも冬にお世話になった!

ということで、そんなスターバックスティー、じゃなくてコーヒーに行ってきました

コーヒーのにおいもダメなので専門店はよ!!

スタバ紅茶の(テーバナ)メニュー

なのでまだメニューも少ないです

  • ゆずシトラス&ティー
  • 抹茶ティーラテ
  • チャイティーラテ
  • スターバックスティーラテ
  • ホットティー

 

ゆすシトラスティーホット感想

風邪ぎみだったこともありちょうどいいなと思ったのが、ゆずシトラスティーのホット。

紅茶すき、ゆず好き、柑橘系好きなので期待大。

想像通り、はちみつレモンのような味なのですが、とにかく甘い。

もちろん好みもありますが、はちみつが濃厚すぎるのか、入れ過ぎなのか、甘い、、、

ポッカから出ているはちみつレモンホットより甘く感じた。

しかし、不味いわけではなく、オレンジやグレープフルーツら(確認中)のシトラスが刻んで入っているのでさっぱりもしています。

ティーバナ

写真汚くてごめんなさい、写真撮るのが恥ずかしくて、ささっとやりましたw

最初の一口が「あまっ!」だったのですが、飲んでいくうちにその甘さにほっこりしてきました。

一番小さいサイズで390円。

思ったより高く無いけど、うんw

自分へのご褒美とか言い訳が必要です私には。

 

という感じで、もう少しさっぱりしていたら良かったなぁというのが正直な感想です。

アイスはさっぱりしてるのかな?今度飲んでみたいけど、これから冬だなぁw

ゆずシトラスティー

店内で飲むことが伝わらなかったようで紙コップでw店内なら白いマグカップで出てくると思います。

 

普段の好み

参考までに私の現在の好みです。

  • ケーキなどの甘いものは好きですが、お茶系は甘くないのが好き
  • バンホーテンは甘い
  • 午後の紅茶のストレートは甘くて苦手。
  • 午後の紅茶のレモンティーとミルクティーはまぁまぁすき。
  • 午後の紅茶の「甘くないミルクティー」はもっとすき。
  • 紅茶花伝のミルクティーはホットのみすき。
  • 紅茶花伝のミルクティーアイスは花の味?(サイゼリアのガムシロの味と同じ)がして苦手。
  • ジャワティーは甘くなさすぎまであまり飲まない。
  • ロイヤルミルクティーは午後の紅茶くらい甘くするのが好き。
  • リプトンのストレートは好き
  • リプトンミルクティーは甘い

あれ?甘いの好きじゃないのかもw

 

▼スタバ好きが集まるテーマ、ツワモノぞろいですよ

スターバックスコーヒー

 

 

 

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

吉永

吉永

夫の手取り17万東京23区の子持ち専業主婦

めんどくさい節約はしないドケチ
特技は逃げること

就職活動から逃走
失敗が怖い完璧主義でうつ病とニートに

退学してなんとか始めたバイトの帰りに京都へ逃走

「飛行機落ちろ」と100Lの大きなドラムバック抱えて親のお金でアメリカへ逃走

生きる価値のあるニートになって帰国

ドラムバック一つのまま日本のゲストハウスで生活

ドラムバックの中身から必要なものだけ引き抜いて栃木の農園に、逃...いや、住み込み

結婚観変わったり
山あり谷ありして、やっぱり谷で

装備をドラムバッグから少し小さくなったリュックサックに持ち替えて、東南アジアへ、やっぱり逃走

人生変わって帰国

リュックサック一つの身軽な生活にはまって床で食事したりしてたらいつのまにか結婚したりして

結局、現在
適当ミニマパッカー主婦へ退化し幸せに暮らしている猫と周りが見えてないオタクが好きな30代

ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい


●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ [詳細]