「卑屈は何も生まない」椿鬼奴に養われてるヒモ旦那から学ぶニートのあなたが人を幸せに出来る生き方

生きるのが辛い

自分には何もできないから価値がない?

人に迷惑かけてるから価値がない?そんなことないんです。

あなたの価値は、あなたの思い込みだけで決めるんじゃない

今テレビで「妻の方が稼ぐ芸人」というコーナーを見ていたら、とっても納得できることを話していたのでシェアしたい。

 

その話を、していたのはお笑い芸人の椿鬼奴さんと結婚した、芸人さん。名前忘れた(笑)

この人、鬼奴さんの財布からお金をちまちま盗んでいるらしい、それでもゆるしてしまいたくなるキャラだった。

卑屈は何も救わない

鬼奴さんの彼は、

せっかく養ってもらうんだから、外食に行ったら遠慮しないででっかいビールを美味しそうに飲んで、たくさん変顔をして、椿鬼奴を楽しませる

家では家事をして鬼奴の出ている番組を大笑いで一緒に見て、リラックスできるように努める

1日の終わりには「ありがとうという」

それから、とてもおもしろくてなるほどと思ったのは、高額の生命保険をかける

という話。まぁヒモというか主夫だと思うけど。

 

スポンサーリンク

 

「ただいるだけで良い」なんて信じられなかった

私はうつ病になる前から、「ただ居てくれるだけでいい」の意味がわかりませんでした

でも、言葉の意味のままなんです、そして、もっと求めれば笑って楽しそうにしてるだけで、人に安心を与えられて楽しませることごできるんです、本当は。

人が人に何を求めるかなんて色々で、この場合だったら鬼奴さんは、この方にお金など一般的を求めているんじゃなくて、自分を楽しませてくれて、愛してくれる、いてくれるだけでいい。

それだけで価値があるわけですよ

自分に何ができない、とか、みんなが当たり前のことができてない(女性を養えない)とかじゃなくて、じゃぁ、自分に何ができるのか?何をすると相手が喜ぶのか、何をしたら返せるのか、それを考えることが大切。

 

そして、余計に良いのは

「じゃぁ、もう他にもっとよい女性が現れても気持ちは変わらないんだね」というフリに口ごもるところ(笑)

そうだよ、状況が変われば処世術も変わる(笑)

それが事実だと思うんです

 

とはいっても、もしあなたが今実際に逃げ場所がないうつ病とかだと、こう考えるのはきっと難しいと思います。昔の私だったら、罪悪感が勝ってこんなこと「は?そんな自分、ゆるせない」てなってました。

 

だから、その頃の私に伝えたいのは、

「これだってやろうとはしなくていい、

でもこうやって考える人(あなたが甘えてるって思ってることでもありがたと思ってくれる人)

もいるのが本当の世の中だよ

だから、そんなに頑張らなくていいよ」と。

 

関連≫「こんな自分..社会は自分の存在を許してくれない」そんなあなたに見て欲しい。映画グレイテスト・ショーマン