悔いなく「今日が人生最後の日」だと思って生きなくていい理由

いつ死ぬかわからないからやりたい事をしましょう

この言葉が過去の私を救って

今の私を苦しめてる気がします

行動すればいいってわかってるけど、行動できない、そんなあなた(今の私)に言い訳を贈ります

 

今の私が行動できない理由

だって私は今死ぬわけには行かないし

死にたくない

明日生きてる可能性と死ぬ可能性どっちが高いかというと生きてる可能性だと思う

今は。

 

だから、死ぬ事を考えて今の生活を捨てる覚悟で「やりたい事」に向かえない

その、向かえない自分を勿体無いと思ってしまってモヤモヤする

(そして、私よりもっと行動できず今を生きていない夫をみているといつももったいないって思ってた

でも、できない自分が再びやってきて、夫の気持ちがわかってきた)

 

何も今の生活を壊せってことじゃないよって話なんだけど、話はそんな簡単じゃない

 

明日死ぬかも、だから家族との時間を大切にとかそういうのとはわけが違う

 

もし明日死ぬかもしれないなら、私はまた海外旅行に行きたい

家族も捨てて、守るべきものもなくて

帰らなきゃいけないプレッシャーも

生き残らなきゃいけないプレッシャーもなく

自由に遊びたい

 

危ないかもしれないという選択とか

騙されるかもしれない選択とか

自分が納得する方向で旅をしたい

 

じゃぁ、間をとって

家族で海外旅行に行く選択をするとする

だけど、その家族を納得させる説明とか、しちめんどくさい

お金はどうするの?

飛行機落ちたどうするの?

子供がもっと大きくなってから、海外旅行をしている自覚を待てるようになったときのためにお金はとっておこう

 

私も、というか、私が、そう思うし、

これに反論してまで説得したいとは思わないのかも

 

家族に余計な争いは持ち込みたくない

向き合ってないとか言われると何も言い返せないけど。

誰かを巻き込んでまで、明日死ぬかもしれないとかいう、確率の低い問題に取り組めない

 

だけど、これってそんなにおかしいことかな?

誰もがそんなに強く自分を持てるわけじゃないし

生ぬるい現状に甘んじながらだって

それなりに満足した生き方って出来るんじゃないかな?

 

 

これってただの言い訳なのかな?

 

過去の私を救った、明日死ぬかも

過去の私は、生きてるのが本当につらくて、生きて酸素を吸ってるだけで申し訳なかった

だから、あーこれは、私死ぬんだなと思った

そうしたら、死ぬ前に、今この現状から逃げ出そう

明日私は死ぬかもしれない

死ぬ確率の方が高かった(気持ちでは)

 

だからこそ、想像じゃなくて、現実的に目の前にその状況が来てやっと、行動できた

だからこそ、行動したからこそ、海外での価値観に触れられたし、そのあとまたなんども同じように落ち込んだりして繰り返したけど、

今の「生きるって生きることか」

だから、頑張るのはやめよう

寿命まで生きていこう

という考え方になれた

 

スポンサーリンク

 

今行動できないあなたへ

じゃぁ、今行動できない人に、

明日死ぬかもしれないんだよ?

人間いつ死ぬかわからないんだよ

そんなつらくて生きてるのが楽しくないような、環境なんて(ブラック企業とか)なんてやめちゃって、全部ほっぽり出して、

そのやりたいことをやってみなよ!

やらない後悔よりやって後悔だよ!

って言えるかな?

 

言えない

 

 

行動はしようとしないとできないけど、

やろうと思ってとできないってことは、今はその時じゃないのかも

 

私も人生変わった海外旅行に行くまで何度も(何年も)、海外逃亡はチャンスがあったのに見送った

プロフィールでは省略してるけど。

踏み出せなかったのだ

 

行動できる人からみたら、行動できない人は、一生チャンスを捨てて死んだように生きて見えるかもしれない

 

でも、一生かけて、チャンスを捨て続けた人生だって、1つの人生

知らなかった出来事や、経験できなかった出来事は、ただ単に知らないで終わっただけ。

知らぬが仏

とは違うけど、そんな感じでさ、

知ったら知ったでラッキー

しらなかったらそれまで

 

それだけのことかな

だから、

がっかりしたりしなくていいし、行動できない自分を責めないで大丈夫だよって言いたい(言われたい)

 

関連記事

プロフィール

【閲覧注意】働きたくない私と夫の手取り20万で子供二人育てられる本当の理由