人生変わったアメリカ旅行の記事に書いてない事

メモです!

無価値だった自分に価値が生まれた瞬間シリーズや

電子書籍に書いてない大切なこと

自分はいろいろ我慢してきたのにこの有様だと思ってたけど、自分の考えはしっかりと主張しないと他人には伝わらないと気がついた、それが例え「わがまま」でも。

その理由は、アメリカ人は私たち日本の常識(私の常識)では、え?と思うことでも声を大にして主張していたから

 

 

人を気遣いすぎるのは相手にも迷惑だと気がついた

なぜなら、バスでみんなお菓子を食べて汚して行っていたけど、みんながそれで笑顔だった

全然知らない人なのにお菓子を当たり前のように配っていた

運転手さんも。

バスで、誰かが困っていたら自信を持って助けていた

なんていうか、最初は一対一の喧嘩?みたいでも、そのうちどっちが正しいのかとか、どっちが常識的なのかじゃなくて、自分が思う方に肩入れしてみんなで意見を言い合って解決していた

 

とにかく、自分の考えや、自分の頑張っている事を相手にも伝わるように言葉に出さないといけないんだと思った

 

頑張れば神様は見てくれてるからいつか報われる

そんなことはなくて、頑張ってるなら頑張ってるって目の前の人に声に出して伝えなきゃいけない

伝えてもいないのに、自分は頑張ったのに、とか

自分はこうして欲しいのに、とか

そんなことは伝わるはずないんだと気がついた

吉永

特技は逃走。

就職したくなくてうつ病になってニートになって

そのまま場所からも決断からもいろんなことから逃げまくってたらいつの間にかミニマリストになって生き延びれた人。

ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい、けどできない小心者。

職歴がない事がコンプレックスな猫とオタクが好きな30代子持ち専業主婦

今は家事から逃げまくってます

※言い訳※写り込んでる汚い部屋は実家です

コミュニケーション取らないTwitter始めました詳しくはいつか。
【詳しいプロフィール】

吉永の更新情報を受け取る
Amazon電子書籍プレゼントバナー

電子書籍プレゼント中です

スポンサーリンク
バックパッカー生き方価値観
「コピー」で記事タイトルとURLコピー出来ます
吉永の更新情報を受け取る

みんなが次に読んでる記事

すっぴんぶろぐ

コメント

▼こんなの読みたい!など吉永に届きます!

アンケート

カテゴリー

アーカイブ

タイトルとURLをコピーしました