安いから買ったけど西松屋オリジナルおしりふきはドケチでさえダメだった…

西松屋おしりふきレビュー

西松屋大好き!安くていつもありがとう!な、ドケチ貧乏性のミニマパッカーの吉永です

ドケチなので最安値に目がない私ですが、西松屋オリジナルのSmartAngelのおしりふき・・・これはつかえないですね・・・

ということで、今日は父が子供を公園に連れて行ってくれているすきにさらっと愚痴っちゃいますので、最安値大好きさんの参考になりますよに

結論:やっぱり西松屋買う(最初と最後で変わってます(笑))

スポンサーリンク


何で使えないの?

なぜなら、片手で一枚一枚取り出せないから!

これが一番大きいですね

あとは、薄い(これは覚悟してたからいいんだけど)

薄いのも、一枚一枚取り出せないのくらい我慢できるかなと思ってたんですよ

今まで使っていたムーニーも引っ張ってからブルン!って振り回さないと取りにくかったから。

でも、西松屋オリジナルは、振り回そうが、叩きつけようが、かたくなに手を取り合っていてすごい団結力で、どうしても一枚にならない(笑)

足で抑えてやっと取れても、一枚がビローンて伸びてしまって、ただでさえ薄いシートが薄っぺらく、そして細長くなってしまってうんちが拭けない…

▼わかりやすいように取り出してから引っ張ってます

▼上の写真とは別タイミングだけど、いつもこうなってしまう

 

おしりふきの蓋は使ってない

詰め替え用のままつかってます

産後に無料でどこかからか送られてきたサンプル?の中に蓋ついてたんだけど、蓋つけてもつけなくても大して手間が変わらなくて、むしろない方が手間がかからなかったので捨てました

なので、ケースも持ってない我が家の場合ですが…

でも、一枚一枚ががっしりくっついてるからケース使っててもどうなんだろ・・

 

それでも使いたい!使える月齢と使える方法

まだ足をばたつかせない新生児の2週間くらいなら・・・あるいは。

足をばたつかせ始まると足を持たないとうんちにかかと落としするので片手がふさがっちゃいます

そうすると結構キツイかなーと

うちは自分で移動できるようになってからこれを買ったので、おむつは脱がす前にこうやって取り出して使ってます(笑)

 

折りたたんでる理由は、折らないと薄いのでうんちがうまく取れないからです

うんちが手につくのは別にかまいませんが吸収力というか、からめ捕る力というか、が、一枚では足りない

こうやって取り出して使えばいいじゃん!って思いますが、脱がせたらうんちしてなかったり(動くので脱がせないで確認がめんどう)、たくさん出し過ぎて戻さないといけなかったり

戻す前に手についたウンチを洗ってたら、お尻拭き食べてたり

次に使うときに丸まった塊全部出すところからですし・・・

と、てんやわんやです(笑)

 

次に安いムーニーと比較画像

西松屋に行くと、次に安いのはムーニーです

写真ではムーニーと大して変わらないし、実際、写真撮ったときは安いけど西松屋でもOKじゃん!なんて思って撮ってたんだけど…

▼左がムーニー

 

んーわかりにくいけどムーニーの方がキメが整ってるので引っ張っても薄くなりにくい気がする

▼裏面が気になる方へ

 

ムーニー(1箱/80枚×12袋入り)1249円

西松屋薄手(1箱/80×12)899円

 

 

まとめ

という感じで安かろう悪かろうでもいつも平気な私でも、西松屋オリジナルのおしりふきはダメだった・・・という話でした

しかしですね。。。西松屋オンラインでは西松屋オリジナルのおしりふきは4000円以下にもかかわらず送料無料なんですよ(笑)

おしりふきって絶対使うから箱で買ってるんだけど、自転車族としては持ち帰れないのでネットで買いたい

Amazonは実のところ今はもう安くないし(Amazonファミリーがお得じゃないの詳細はこの時期の中の「オムツ」をご覧ください)

 

ムーニー(1箱/80枚×12袋入り)1249円で

西松屋薄手(1箱/80×12)899円だったから、

 

んー!!!ってオイ!

この記事書き始めは転職前だったけど、転職したからやっぱり我慢して西松屋買うわ(笑)(笑)(笑)

関連≫夫転職で手取り17万になったけど子供の顔が見られるからこれでよかった

ハイハイし始めてどっちにしろ、うんち拭くのは戦いなんだよ!(やけくそ!)

あと、たまに西松屋オリジナルだけセールでもっと安くなってる時もあります

西松屋オンラインでセール中かどうか今の値段を見る


スポンサーリンク



みんなが次に読んでる記事

●夫手取り17万東京23区の子持ち●特技は逃走●片付けが苦手なミニマリスト専業主婦●めんどくさい節約しないドケチ●ビーチサンダルでフレンチに行っちゃうような人生を歩みたい、猫とオタクが好きな30代 ●「しなければならない」が口癖から「なるようになる」へ ≫【詳しく】